2017-11-15

いまや国会議員も朝日新聞に「腹が煮えたぎっている」のだ


朝日新聞が社説で『加計開学へ、これで落着とはならぬ』と書いて世の中の顰蹙を買い、挙げ句の果てに国会議員の足立康史氏に「朝日新聞、死ね」と言われている。

朝日新聞はこれに激怒して「現職国会議員がこうした暴力的な言葉で正当な報道・言論活動を封じようとしたことに強く抗議します。本紙報道を『ねつ造』などとする事実無根の批判を重ねていることと合わせ、看過できません」と被害者のような立場でコメントを出している。

言うまでもないが、朝日新聞は世間から「偏向新聞、嘘つき新聞、捏造新聞、反日新聞、偏食新聞……」とありとあらゆる罵倒を投げつけられている新聞社だ。

珊瑚事件も捏造し、南京大虐殺写真も捏造し、慰安婦強制連行も捏造し、吉田調書も捏造し、郵政反対派会談の捏造したのを見ても分かる通り、朝日新聞の紙面は「捏造」のオンパレードである。

さらに悪文駄文の代表となっている天声人語の担当者であった冨永格という記者は、ツイッターで安倍首相支持者を結びつけて、あたかも安倍首相支持者がナチス支持者のような捏造を海外に向けて発信していた。(朝日新聞関係者のツイートも超限戦であることに気付くべき

また日本人ではない人間が犯罪を犯しても、犯人の通名だけを報道して本名を出さず、まるで日本人が犯罪を犯しているように捏造しているのも朝日新聞ではないか。


朝日新聞に対して腹が煮えたぎっていた大西議員


ありったけの偏向・偏食・捏造・世論誘導・反日・売国・政権攻撃を繰り返しているのだから、国会議員に「朝日新聞、死ね」と言われても仕方がない。

この「死ね」という言葉は、民進党の議員だった山尾志桜里が「日本死ね」で流行らせたものだ。

朝日新聞は山尾志桜里がわめき立てていた「日本死ね」は嬉々として取り上げて擁護していた。「日本死ね」は良くて「朝日新聞、死ね」は看過できないというのだから、その姿勢はねじくれている。

朝日新聞は自分が攻撃されたら、すぐに「言論弾圧だ」とわめき立てて大騒ぎする。普段は偉そうに誰かを攻撃していながら、自分が攻撃されたらすぐに被害者になりすます。

そう言えば、2015年に大西英男議員が「マスコミを懲らしめるには広告料収入がなくなることが一番だ」と発言した時も、朝日新聞は「言論弾圧だ」と狂ったように叫んでいた。

2015年、大西英男議員はなぜ「マスコミを懲らしめるべき」という考えを持つに至ったのか。それは、朝日新聞の捏造記事に対する怒りから始まっていた。

朝日新聞は、慰安婦問題で吉田清治の証言が虚偽だったとして2014年8月5日にその記事を「取り消します」と事実上の捏造記事であることを認めた。

しかし、この朝日新聞の捏造記事によって1億2000万人の日本人は「性犯罪者の末裔」だと海外で罵られているわけであり、朝日新聞の罪は大きい。

朝日新聞は日本人に詫びていないし、反省もしていないし、廃刊もしていない。素知らぬ顔ををして、今も何もなかったように新聞を発行している。

責任を取らず相変わらず日本を貶めている朝日新聞に対して、大西英男議員は激しい怒りを感じていた。だから、責任を取らない朝日新聞を何とか「懲らしめる」方法はないのかと、模索していた。

それが、「マスコミを懲らしめるには広告料収入がなくなることが一番だ。われわれ政治家には言えない。ましてや安倍首相は言えない。文化人、民間人が経団連に働きかけてほしい」という言い方になったと言う。

民主党政権を生み出したのは、マスコミの世論誘導


この発言に関しては穏当を欠いていたと断った上で、大西英男議員はこのように述べた。

「私たちも腹が煮えたぎっているんですよ。それは日本の名誉を陥れ、日本の信頼を傷つけた朝日新聞の捏造記事。これに対して朝日新聞は社会的な責任、何も取ってないじゃないですか。こんなことが許されるんですか」

「みなさんの子どもたちの中で、留学している子どもたち。『おい、従軍慰安婦!』ね?『女性差別の日本人!』って言って、学校でいじめにあっているんですよ、米国やその他で」

つまり、大西英男議員は、朝日新聞が好き放題に日本を貶めていることに対して怒っていたのである。

朝日新聞が日本人の名誉を汚し、何の責任も取らないことに対して怒っていた。

マスコミは、「立法」「行政」「司法」の権力を監視するための存在であると言われていた。しかし、すでにマスコミそのものが第四の権力、いや「第一の権力」として世の中に君臨している。

たとえば朝日新聞は、気に入らない政治家は好きに叩いて失脚させ、気に入る政治家を持ち上げて権力の座につかせるような、そんなことすらもしていた。

第一次安倍政権も、麻生政権も、マスコミの執拗なネガティブ・キャンペーンで失脚しているが、そうやって気に入らない政治家を葬った後に、売国政党である民主党を政権に押し込んで喝采を叫んでいた。

報道によって世論を誘導することができるのである。だから朝日新聞は嬉々としてそうしていた。

2009年から2012年までの民主党の3年間で日本はズタズタになり、私たちの国の歴史は終わる可能性もあった。あと1年も民主党政権が続いていたら、日本は崩壊していたとも言われるほどひどい有様だった。

民主党政権を生み出したのは、まさにマスコミの世論誘導であった。マスコミに乗せられるのがいかに危険なことなのか、民主党政権で日本人は充分に味わった。

朝日新聞は、事実を報道するという基本すらもない


朝日新聞は都合の悪い情報は隠蔽し、自分たちの都合の良い記事は大々的に宣伝する。そして、時には記事そのものを捏造して世論を作り上げる。

ところが、この朝日新聞を監視する存在がどこにもない。だから、朝日新聞が傍若無人に振る舞っても、それを懲らしめる存在がない。

「言論の自由」という美名の下で、日本国民の尊厳、名誉が汚されている。朝日新聞が日本人の名誉を汚して何の責任も取らず、今も日本貶めの記事を量産している。

そして、ついに国会議員の足立康史氏に「朝日新聞、死ね」と言われるところにまで到達した。一般市民のみならず、今や国会議員も朝日新聞に「腹が煮えたぎっている」のだ。

朝日新聞がすべきなのは、まずは今までの自分たちの報道姿勢を謙虚に振り返ることだ。

そこに問題がなかったのか検証し、なぜ自分たちが日本人に嫌われているのか、なぜ「朝日新聞、死ね」と言われる事態になっているのかを知る必要がある。

自分たちが嫌われている理由が分かれば、それを反省して改善するのが筋だし、改善できないというのであれば速やかに廃刊するのが正しい道である。

別に政権を賛美しろなどとは誰も言っていない。せめて事実をきちんと報道してくれればいいだけだ。朝日新聞はその基本すらもできていない。

私たちは日本人だ。日本人が自国を愛するのは当然のことだ。ところが、朝日新聞はまったく日本を愛していない。

日本を愛するどころか、執拗なまでに日本を貶める記事を書き続けている。抗議したら言論弾圧をするなと威嚇する。しかし言論弾圧をしているのは、どう見ても朝日新聞の方である。

「朝日新聞は本当にこれでいいのか?」

日本人は全員、朝日新聞に同じ質問を問いかけている。しかし、朝日新聞の耳には届かない。だから「朝日新聞、死ね」という言葉を国会議員に投げかけるまでになっているのである。



「朝日新聞は本当にこれでいいのか?」と日本人は問いかけている。しかし、朝日新聞の耳には届かない。そうであれば「朝日新聞、死ね」と言われても仕方がない。


お願い

ダークネスの本文を他サイト(キュレーションメディア、まとめサイト、個人サイトすべて)へ転載する行為は、いかなる理由があっても固くお断りします。