2017-06-13

韓国の大統領が変わっても、信頼できない状況は変わらない


韓国の新しい大統領である文在寅(ムン・ジェイン)は、2017年6月12日に、自民党の二階幹事長と会談を行っている。

その中で文在寅は「韓国の国民の中で、なかなか受け入れられない感情があるのも事実だ。解決するには時間が必要だ」などと述べて、履行するのかしないのか分からない姿勢をさらけ出している。

さらに「日本に対し損害賠償を請求する権利は2015年12月の韓日慰安婦合意とは関係なく有効だ」という立場を韓国政府が2017年4月に出していることも判明している。

「不可逆的に解決」という姿勢はどこにいったのか。もちろん、韓国にはそんな気は最初からまったくなかったということだ。日本は舐められ、騙されていたのである。

これは驚くべきことだろうか。まさか。どのみち日韓合意など結んでも韓国が守るわけでないので、こんなものを結んでも仕方がないのは分かりきっていた。

韓国が蒸し返すのは、100%分かっていた。

韓国とは合意を結ぶのではなくて、「助けない、教えない、関わらない」の非韓三原則の外交が唯一の国益になる。それをしないで下らない日韓合意のようなものを結んで韓国に10億円を毟り取られた岸田文雄外相は万死に値する。


相手を混乱させ、長く取り付くためのテクニック


「慰安婦問題を解決すべきだと考えている。この問題をきちんと解決すれば、これ以上、再び議論される理由はない」

これは韓国の前外相であった尹炳世(ユン・ビョンセ)の言葉である。すでに韓国が口先だけの嘘つき国家であることを分かっている日本国民は、この言葉を聞いて冷笑した。

韓国外交は、いつもそのように言いながら、日本に対して謝罪や賠償を引き出しながら、後になって再び議論を蒸し返すという戦略を延々を使っている。

都合が悪くなれば「すり寄り」を見せて、あとで裏切るのが韓国外交のパターンなのである。

日本人の多くはそんな韓国に激しい嫌悪を抱いている。韓国とは関われば関わるほど不幸になり、知れば知るほど嫌いになる。誠意は通用しない。価値感も共有しない。

だから、筑波大学大学院教授の古田博司氏が提唱するように、「助けない、教えない、関わらない」の非韓三原則が国民の間から言われるようになってきているのだ。

日韓関係は、韓国がすり寄って来ても断ち切るくらいでちょうどいい。

韓国の「すり寄り」は日本を利用し、ゆすり、たかり、脅しをする韓国外交の常套手段である。それは日本を混乱させ、長く取り付くためのテクニックだ。

寄生するというのは、「相手から奪う」という目的が裏にある。たいていの場合、奪うものは金なのだが、他にも「相手を奴隷化して自分の都合の良いように動かす」という目的もある。

「奪う」ためには、甘い言葉で取り入ったり、懇願したりしなければならないので、韓国は自分の都合に合わせて臆面もなくそのような行動をする。

しかし、それで何も手に入らないと、怒鳴り、脅迫し、上から目線で激しく罵ってくる。それが韓国のやり方だ。基本的に大統領が誰になってもそこは変わりない。文在寅も同じことをやってくる。

韓国外交は、いつもそのように言いながら、日本に対して謝罪や賠償を引き出しながら、後になって再び議論を蒸し返すという戦略を延々を使っている。

「甘い汁を吸える相手を決して離さない」のが韓国


韓国は今まで日本に対して執拗に嫌がらせを繰り返してきた。

国際社会に嘘八百を言い散らかし、「謝罪と賠償を要求する」「金を払え」「とにかく金を出せ」と恐喝していくる。そして、思い通りにならないと、最後には激しく感情を爆発させて、日本を罵るのである。

重要なのは、「罵るだけで終わりではない」ということだ。むしろ、ここからが寄生虫の面目躍如の行動が始まる。

激しく日本を嫌っても、韓国は決して日本との関係を切らない。寄生虫というのは、寄生した宿主をとことん吸い尽くす習性がある。甘い汁を吸える相手を決して離さない。

そのために使うのが「すり寄り」という方法なのだ。

「すり寄り」というのは、寄生した相手を最後まで逃さないためのテクニックであり、常套手段でもある。

都合よく口にする「未来志向」だとか「友好」という言葉は、日本からすべてを奪うための演技であり、ワナである。日本はいつもこの手でやられている。

普段は激しく日本を面罵しておきながら、日本が離れると、急に猫なで声で「すり寄り」を見せてくる。

韓国は事大主義である。自立しようという気概はまったくないので、寄生する相手が必要だ。たかり・ゆすりができる相手がいれば、とことんその相手にしがみつく。

そのために、今日は「謝罪しろ、賠償しろ」と日本を恫喝しても、翌日には何もなかったかのように「すり寄り」を行って「友好」を強調する。

ゆすり・たかりを受けている日本は「すり寄り」を見せられるたびに「もしかしたら、韓国は改心したのか?」と勘違いしたり「今度は大丈夫かも」と、はかない希望を持ったりする。

大統領が変わるたびに「今度の大統領は未来志向と言っているので関係改善が望めるのではないか」と日本は世間知らずの少女のように思い込む。

しかし、韓国は単に自己都合ですり寄っているだけなのだ。寄生行為を行う韓国は、手を変え品を変え、この下らない「すり寄り」を臆面もなく使う。

日本が壊れ、役に立たなくなるまで、ずっと「すり寄り」と「恫喝」を交互に繰り返す。そうやって、骨の髄まで日本をしゃぶり尽くす。



文在寅(ムン・ジェイン)大統領。この男は「韓国の国民の中で、なかなか受け入れられない感情があるのも事実だ。解決するには時間が必要だ」などと述べて、履行するのかしないのか分からない姿勢をさらけ出している。

「すり寄り」を受け入れると、カモにされるだけ


結局、韓国はどこかに隷属して国を維持してきたので、それ以外の生き方ができるわけがない。だから、韓国は死ぬまでそうやって寄生できるところに寄生して生きていく。

こういった国は、徹底排除しなければならないし、付き合いは断固として断たなければならない。すなわち、きっぱりと断交しなければならないのである。

関われば関わるほど不幸になる。どんなに執拗な「すり寄り」が行われても、そこで心を許すと、また振り回され、奪われるだけになってしまう。

わざとらしい「すり寄り」があったとしても、韓国と関わってはならないのだ。「断交する」というのは、非常に重要な一歩でもある。

「すり寄り」を受け入れると、カモになる。そして、カモは永遠に搾取される。いったん「すり寄り」を受け入れると、ずっと取り憑かれて終わりがない。

どんなに激しく罵っていても、韓国は状況が変わるとすぐに「すり寄り」を開始するが、もういい加減に日本政府は断ち切ったらどうなのか。

わざとらしく友好を強調したり、上から目線で平和を語ってきたり、第三者を介して取り入ってきたり、さまざまな方法で「すり寄り」を行ってくる韓国に対して、「真の未来志向とは、お前たちと断交することだ」と、韓国に対してはっきり言えばどうなのか。

大統領が変わったからと言って、未来志向などと言う必要など日本にはさらさらない。日本の名誉を毀損し、価値感を共有しない国と関わるべきではない。

むしろ、大統領が変わったのだから、断ち切るのに良い機会になったと考えなければならない。

日本人は、「断ち切る」のが苦手だ。すぐに他人を信用してしまうお人好しな性格があって、騙されても騙されてもまだ騙される。

詐欺に騙される人は、同じ詐欺に何度も騙されると言われている。「すり寄り」に騙される日本人も、何度も何度も騙されて痛い目を見る。

こんなことは、もう終わりにしなければならない。

私たちは今後、文在寅という男が都合良くすり寄って来ても、厳しい目で追い払わなければならない。毅然とそれができるかどうかが、日本を救えるかどうかの分かれ目だ。


日本はいつも騙されてきた。いったい何十年騙されれば日本は目が覚めるのか。日本人はあまりにも韓国に対して大人しすぎる。日本に必要なのは、韓国を真っ向から批判し、きちんと国交断絶ができる政治家だ。


お願い

ダークネスの本文を他サイト(キュレーションメディア、まとめサイト、個人サイトすべて)へ転載する行為は、いかなる理由があっても固くお断りします。