2017-03-28

辻元清美や民進党が活動できているというのが日本の惨状だ


詐欺で逮捕された前科を持つ民進党の辻元清美は、国会議員の身分で「私立の幼稚園に勝手に侵入しかけた」と塚本幼稚園の籠池夫人に名指しで糾弾されているのが公開されたファクスで分かった。(辻元清美を証人喚問して生コンとのつながりを徹底的に暴け

客観的に見ると、辻元清美は前科を持った危険な元犯罪者である。そして、元国土交通副大臣をしていたほど権力を持った国会議員である。しかも、日本を貶める売国政党である民進党に属している。

さらに、過激暴力労組の人脈を持ち、内縁の夫も過激派の前歴があるとかないとかそんな噂が立っている人間だ。何をするのか分からない薄気味悪さがある。

そんな薄気味悪い人間が勝手に他人の敷地に入ったのだから、園児はさぞかし恐ろしかっただろう。ショックを受けてトラウマになった子供たちもいたかもしれない。

民進党は「そのようなことは一切なく同議員は塚本幼稚園の敷地近くにも接近していない」と否定したが、実は2月21日に辻元清美はこの塚本幼稚園を視察していることを、当の民進党が公式サイトで報告していた。

民進党はいつもこうだ。自分の都合が悪くなればシラを切ってその場限りの嘘をつく。


逃げも隠れもいたしませんと言って、逃げて隠れる


民進党がその場限りの馬鹿げた嘘をつくというのは、民進党幹事長代理の玉木雄一郎を見ても分かる。

玉木雄一郎というのは、食品会社から賄賂を受け取ったという疑惑から逃げ隠れしている男なのだが、この男は籠池夫人のメールの中で幼稚園に侵入しようとした辻元清美の名前が出てくると、「デマだ」「事実無根だ」と言い放って、2017年3月26日のツイッターでもこのように語った。

『ネット等で辻元議員に関する情報が出ていますが、すでに党からコメントを出しているとおり事実無根です。また、明日午後、本人が公式に記者会見する予定です。逃げも隠れもいたしません。』

「逃げも隠れもしない」と玉木雄一郎は言った。ところが、翌日の3月27日になると、突如としてこのように発表を翻した。

『昨日はあまりにデマが酷いので、辻元議員が会見しますと書きましたが、すでに党として公式コメントを出しており、また、本件で問題をすり替えようとうごめいている方々がいらっしゃるようなので、会見は行わず従来どおりの対応といたします。』

さらに、逆ギレするようにこうも書き加えている。

『某テレビ局の番組でジャーナリストとされる方が辻元議員が記者会見するとさかんに言っていたと聞きましたが、これまで私に一切取材はありません。昨日のツイッターにはあくまで「予定」としか書いていません。取材もせず私のツイートだけを頼りに発言するジャーナリストなどいらっしゃるのでしょうか。』

これが民進党のやっていることだ。その場限りで適当なことを言って、最後に逆ギレして他人のせいにする。

「逃げも隠れもいたしません」と言って、逃げて隠れて表に出てこない。

その理由を「問題をすり替えようとうごめいている方々がいらっしゃる」と他人のせいにして、さらには「予定としか書いていない」と言い逃れて、自分を信じる方が馬鹿だと言わんばかりの態度になっている。

民進党ならではの、いい加減な態度が丸出しだ。

「国民を騙して国を破壊する」というのが民進党


もっとも、民進党のこのようなやり口に驚く日本人はひとりもいない。この無責任で無意味な政党は、今までもさんざん日本人を騙し続けて来たからだ。

最近の日本の政党はマニフェストを謳わなくなったが、その理由は民進党の前身である民主党政権が「あれもやる、これもやる」と言ったのを政権交代した瞬間にすべて放り投げて「マニフェスト=詐欺」のイメージが付いたからである。

埋蔵金を発掘すると言ったのは嘘だった。公務員を2割削減すると言ったのも嘘だった。消費税を議論しないと言ったのも嘘だった。議員定数を削減すると言ったのも嘘だった。天下りは許さないと言ったのも嘘だった。

ガソリン税を廃止すると言ったのも嘘だった。赤字国債を抑制すると言ったのも嘘だった。暫定税率を廃止すると言ったのも嘘だった。最低時給を1000円にすると言ったのも嘘だった。

要するに、選挙前にやると言ったのはすべて嘘で、それでいて責任も取らず3年間も政権にしがみついて日本を徹底的破壊に導いた。

それが民進党のやり方なのだ。「できもしないことを放言して票を稼ぐ」「国民を騙して国を破壊する」というのがこの政党の手口なのだ。

この政党の代表は、現在は村田蓮舫がやっているが、この人物は二重国籍を隠して選挙に打って出てきた人間で、今も村田蓮舫がどこの国籍の人間なのか誰も分からない。

この人物はそれを証明しようとせずに逃げ回り、指摘されたら「人種差別だ」と相手をなじってうやむやにする。それでいて、他人には「説明責任を果たせ」と罵る厚顔無恥を発揮できる異常人格者である。

民進党には蓮舫と同じく、いったいどこの何者なのか分からないような中国・韓国・北朝鮮のスパイもどきが山ほどまぎれ込んでいる。

日本人に蛇蝎のように嫌われ、売国政党、詐欺政党、反日政党だと言われても仕方がない。それだけのことを、民進党はしているのである。

辻元清美が未だに反日活動できるのが日本の惨状だ


野党になって、民進党がやっているのは「自民党の邪魔」だけである。それしかやっていないと言っても過言ではない。

民進党は程度の低い批判だけしかできない。自民党が何をやっても、安倍政権が何をやっても、すべて批判する。もちろん民進党には政策など何もない。対案を出すこともない。邪魔をする以外の何もしない。

国会でも、ヤジを飛ばして下らない質問を延々と投げかけて時間の無駄をするだけだ。審議に入ろうとすれば拒否し、採決しようとすれば拒否する。

信用できない売国政党が、日本の国益の邪魔をし、破壊し、貶めるために日本人の税金を使って活動をしているのである。

本来であれば、こうした愚にも付かない政党は存続できるはずもない。

しかし、それでもこのような政党が存続できるのは、同じく売国と反日を剥き出しにして動いているマスコミが朝から晩まで日本人を騙しているからでもある。

朝日新聞はその筆頭だ。この新聞社は、国益のために動いている人間をことごとく叩き潰し、反日の人間を文化人やら知識人として持ち上げてチヤホヤする報道姿勢を持つ。

朝日新聞は、明確に売国政党である民進党を持ち上げ、捏造で安倍政権を執拗に叩いて世論操作をしているのだ。

逆に、辻元清美が塚本幼稚園に不法侵入しかけた事件だとか、暴力左翼組合の人間を送り込んだ疑惑だとか、14億円の国有地を2000万円で売り飛ばした野田中央公園の疑惑などは朝日新聞ではまったく触れないで隠蔽する。

民進党について都合の悪いのはすべてマスコミが隠蔽したり情報操作したりして世論を歪めるわけで、だからまだ民進党の議員に票をいれてしまう日本人もいるのである。

辻元清美みたいな人間が未だに議員で反日活動できるというのが今の日本の惨状をあらわしている。すべての日本人の目が覚めるように、目覚めた日本人はみんな民進党を叩いていかなければならない。

国益のためには、民進党を破壊する必要がある。



辻元清美みたいな人間が未だに議員で反日活動できるというのが今の日本の惨状をあらわしている。すべての日本人の目が覚めるように、目覚めた日本人はみんな民進党を叩いていかなければならない。


お願い

ダークネスの本文を他サイト(キュレーションメディア、まとめサイト、個人サイトすべて)へ転載する行為は、いかなる理由があっても固くお断りします。