2017-03-05

宗教を否定し神仏を信じないことで得られる3つの利点とは


(この記事はメルマガにて全文を読むことができます)

現代の弱肉強食の資本主義の中では、宗教は信じない方が合理的だ。神も仏も最初から存在しないと割り切った方が、皮肉なことにうまく生きていける。

なぜなら、現代の資本主義は宗教をも支配下に置いており、宗教自体が「教祖や教団の金儲けの手段」と化しているからだ。教祖や教団が、信仰を金に変えている。

どこの宗教も同じだ。仏教も例外ではない。葬式でぼったくり、戒名でぼったくり、墓でぼったくり、坊主はベンツを乗り回して暮らしている。

カルトは信者を脅し、お布施や霊感商法やらで金をふんだくる。新興宗教もやたらといろんなものを買わせ、新聞を取らせ、財産を寄与させ、教祖の崇拝を強制する。

その上、教団のために無償労働させたり、犯罪に駆り立てたりすることもある。教祖や教団に、いいようにこき使われているのである。

「信じれば報われる」のではない。「信じれば毟られる」のが現実だ。信じれば、たちまち毟り取られる。狂信的になればなるほど何も見えなくなり、何も聞こえなくなって、財産のすべてを毟り取られていく。

「宗教が良い悪い」の前に、教祖や教団が金儲けに染まっていることが問題なのである。


最も優れたスタンスは「意図的に信じないこと」だ


自然に畏怖の念を感じ、巨大な存在を想い、神や仏を敬うというのは、ある意味で素朴で原始的な感情である。そこまで否定する必要はない。

しかし、神や仏を押し付け、教祖を崇拝するように強制し、疑問を抱かせないように強烈な洗脳を仕掛け、教団のために金品を強要して、信者から金を巻き上げるビジネスモデルを確立した現代の宗教は信じるに値しない。醜悪だ。

この弱肉強食の資本主義の中での宗教は、「信じさせて集金するシステム」であることに気付くべきだ。宗教は金儲けのための仕組みとして存在しているのだ。

だからこそ、宗教は信じない方が合理的なのである。

別にそんなものを信じなくても生きていけるのは人間社会を観察していればすぐに分かる。うまく生きている人で無神論者はいくらでもいる。うまく生きられない人で神仏を信じている人もいくらでもいる。その逆も然りだ。

だから、いちいち宗教に関わる必要性はまったくない。この弱肉強食の資本主義の中で最も優れているスタンスは「意図的に信じないこと」である。

なぜか。答えは非常にシンプルだ。「信じなければ騙されないから」である。

神も仏も信じなければ、お布施を取られることもないし、戒名に馬鹿高い金を払う必要性も感じないし、得体の知れない気持ち悪い教祖だか教団だかに金品を寄与する気も起きない。

霊感商法や神仏に名を借りた脅しを真に受けることもない。「地獄に堕ちる」と恫喝されても、「お前が地獄に堕ちろ」と逆に気持ちよく相手を恫喝し返すこともできる。

どのみち「信じさせて集金するシステム」なのだから、積極的に、かつ意図的に信じないと決めた瞬間に、騙される危険から外れることができるのである。

宗教が「信じる人間から金を巻き上げるビジネスモデル」と化した今、「神も仏も信じない」というのは生きていく上で基本中の基本であると言っても過言ではない。

さらに、付け加えることがある。


(この記事はメルマガにて全文を読むことができます)

・・・

(メルマガの登録は以下を参考にして下さい)


この記事はメルマガにて発行され、メルマガにて全文を読むことができます。1週間に1度、日曜日にメルマガでの発行を行っております。

過去の配信は、こちらをご覧下さい。

鈴木傾城の「ダークネス」メルマガ編については、上記の画像をクリック、もしくは、こちらをご覧下さい。発行に至るまでの経緯等についてはこちらに書いております。




【ご注意】

ご登録頂いてメールが届かない場合、こちらにてお問い合わせ下さい。再発送等も、こちらで行います。

http://www.mag2.com/info/renew/webmail.html
読者さん窓口:reader_yuryo@mag2.com




お願い

ダークネスTIGAの本文の全文転載は、いかなる理由があってもお断りします。
本文の舞台、参考になる写真がありましたら、提供いただければ嬉しく思います。感想やご意見も、お待ちしております。趣旨に合うものについては、積極的に反映していきたいと考えております。(メールはこちら