2017-02-07

本日から、「ダークネスTIGA」の方で新しい記事を上げます


ダークネスですが、いくつかの事情で新しいシステムでスタートさせます。

ダークネスは2009年からスタートしたサイトなのですが、2015年2月に何の前触れもなくサイトが抹消されました。利用規約に抵触したというのが理由のようです。

6年間、滞りなくやっていて累計1億ページビューもあったサイトが一瞬にして消え去ってしまったショックは今もまだ強く印象に残っております。

そこで、暴力表現を少し減らし、新たにサーバーを変えて「二度目のサイト」として、「ダークネスDUA」を緊急に立ち上げて今に至っています。

しかし、再び事情が変わりつつあります。

製作・レイアウト・保守・運営をやって下さっていた方が引退されることが大きいのですが、他にもセキュリティ強化やスマート対応等、いろいろ課題がありました。


再びサーバーを移転することを決意しました


「ダークネスDUA」をバージョンアップしていく手もあったのですが、セキュリティ強化やスマートフォン対応の部分は技術革新が起きやすいところであり、今後も頻繁に改変が予測されます。

これについては、個人でサイトを運営しているすべての作者が頭を悩ませている部分だと思われます。

サイトの見栄えは変わらなくても、セキュリティ強化やスマートフォン対応については、内部的に大きなシステム改変となってしまいます。

たとえば、昨今はSSL(暗号化通信)をデフォルトにする動きもありますが、これは内部リンクが変更になったり、その対応に年間で最も安いものでも4万円はかかったりしますので、負担はかなり大きくなります。

費用について言えば、「ダークネス」は常に外部から攻撃を受ける傾向が強いこともあり、その都度サーバーの防御強化を行っていると、裏側ではかなりの高価な対応費を迫られることになります。

こうした動きがここ2年の間に起きるようになっています。

私自身は「ダークネスDUA」のサイトが安定していて、かつ非常に私にとっては使いやすいシステムだったので何も変えたくないのですが、そうも言ってられなくなりました。

そこで、「ダークネスDUA」を残しつつ、再びサーバーを移転することを決意しました。

「ダークネスDUA」に問題があるわけではないのでこのサイトを残しつつ、今後は新しい記事はすべてこちらの「ダークネスTIGA」で行います。

しばらく運用して問題がないと分かった時点で、「ダークネスDUA」の記事もゆっくりとこちらに取り込んで、最終的には「ダークネスDUA」を完全に吸収する予定です。

ちなみに「DUA」はインドネシア語で「2」、「TIGA」は「3」を意味します。

規制が強化されていくと、私の言論は抹殺される


「ダークネスTIGA」が乗るサーバーとシステムは、ハッキング対策、セキュリティ強化、スマートフォン対応のすべてに満足いく対応が為されます。

この点に関してはまったく不安はありません。

ただし、利用規約に抵触すると有無を言わさず削除するのがグーグルのやり方ですので、その点のみが大きな不安材料です。今後は、表現については気を付ける必要があります。

アメリカや日本では「表現の自由」が保護されているなどと言っている人もいますが、いくつかのブログを持ってサーバーを流浪してきた私に言わせると、まったく認識は逆です。

私はこれでも控えめの表現をしているつもりですが、往々にして警告文を受け取りますし、ダークネスに至っては警告もないままの抹消を経験しております。

本当に「表現の自由」が保護されていたら、私のサイトが消されることはなかったはずです。

私は自分のサイトで罵詈雑言をまき散らしているわけではありません。にもかかわらず、警告され、規制され、存在を抹消されるのです。

表現については何が問題になるのかはおおよそ学習しましたが、最近は国際的に「表現の自由」が規制される動きが活発化しております。日本でも例外ではありません。

たとえば私は「ある種の外国人犯罪者は日本から強制送還すべきだ」という意見を持っており、こうした内容をいくつも書いています。

しかし、最近の法務省は「○○人は強制送還すべきだ」などの言動はヘイトスピーチと定義しました。こうした規制が強化されていくと、私の言論は抹殺されることになります。

私の直接的な表現に関しては、いずれアメリカの規制と共に日本の規制にも引っかかる可能性があります。

ひとまずは、限度を超えないように注意しながらやっていきたいと思いますが、規制が進めば、また何か一波乱あるかもしれません。

やがてこちらが完全にメインになっていくはずです


あと、「ダークネスTIGA」は、以前のサイトとほとんどレイアウトも変わっておりませんし、可能な限り似たように作っております。もちろん、これは意図的にそうしています。

私自身はダークネスを訪れてくれている読者が「何か変わった」と思わせないまま、普段通りに記事を読みに来てくれる環境が望ましいと思っておりますので、特に何かを大きく変える意図はありません。

しかし、ずっとこれでいくというわけでもなく、何か変える必要があれば徐々に取り入れて変えていきたいと思います。

今はまったく何もコンテンツがなくて寂しい状態ですが、数ヶ月もすれば記事もほどほどの数になって、まったく気にならないと思います。

問題がないと判断できれば、ダークネスDUAの記事も吸い上げて移動させますので、やがてこちらが完全にメインになっていくはずです。

2017年中の早い段階には「ダークネスTIGA」に完全吸収して一本化できるようにしたいと思っておりますが、何が起きるのか分からないので、あくまでも目標です。

そんな状況で、本日から「ダークネスTIGA」の方で新しい記事を上げていきたいと思いますが、今後も変わりなく読みに来て頂ければ嬉しく思います。

今後ともどうぞよろしくお願いします。

鈴木 傾城(Suzuki Keisei)




お願い

ダークネスTIGAの本文の全文転載は、いかなる理由があってもお断りします。
本文の舞台、参考になる写真がありましたら、提供いただければ嬉しく思います。感想やご意見も、お待ちしております。趣旨に合うものについては、積極的に反映していきたいと考えております。(メールはこちら