2016-12-01

大和証券にはインテリヤクザがいる。この会社に関わるな


最近、インテリヤクザを自認し、実際にヤクザやチンピラと関わって活動していた人間が、大和証券のダイレクト企画部長という職にあったということが分かっている。

この男の名前は嶋田眞人という。興味がある人は「大和証券 嶋田眞人」で調べてみてほしい。

あるいは大和証券の窓口に直接「嶋田眞人というインテリヤクザを雇っていると聞きましたが本当ですか?」と電話してみて欲しい。大和証券の電話番号はこちらだ。(03-5555-2222)

大和証券はもちろん東証第一部の証券企業である。反社会的勢力と結びついているのであれば、コンプライアンス的にも非常にまずい立場となる。

この男は部長だった。顧客の情報、顧客の資産、顧客の利益が反社会的勢力に流出ないしは漏洩する可能性がある。これは非常に危険極まりない話である。

大和証券にアカウントを持っている投資家は、大和証券がきちんとコメントを出して謝罪するまで資金を引き出すか、もしくはアカウントを凍結して他のまともな証券会社に資金を移し替えるべきだ。

ヤクザと関わる証券会社などろくなものではない。


反社会的勢力が会社組織に食い込むと組織が変質


大和証券はインテリヤクザが社会にいるのを知らないのではなく知っている。知った上でまったくコメントも出さず、記者会見もしない。

さらに重要なのは、ヤクザが東証一部上場企業に関わっているというのに朝日新聞や毎日新聞は一行も触れない。いかに日本の新聞社が堕落しているのか暗澹たる気持ちになる。

この嶋田眞人という男は大和証券のダイレクト企画部長という職にあったとされている。

つまりは、この男は大和証券ではそれなりの地位にあって、部下を持って、この男の指示・命令のもとに部下が動いていたということになる。

インテリヤクザの命令で、社員が「動かされていた」ということを意味する。部下は命令されれば、そのまま反社会的な行為に手を染めていた可能性もある。

反社会的勢力が会社組織に食い込み、力を持ち、部下に命令するようになると組織が変質する。

だから、会社はそういう事実が発覚したら速やかにこうした人間を懲戒免職し、記者会見を開いて事情を説明し、顧客や投資家を守らなければならないのである。ところか大和証券は何もしない。これは問題である。

日本人は組織至上主義なので、トップが乗っ取られたらその組織全体が乗っ取られたも同然になる。トップが無理難題を押しつけても、社員は意思に反してそれを行おうとする。

自分よりも組織を優先する。組織が乗っ取られ、組織が理不尽な動きをするようになっても変わらない。ずっと、その組織に帰属し続ける。

組織が反社会的なものになっても、反日的なものになっても、ずっと組織の意向に沿った動きをする。その組織が世の中のためにならなくても、日本のためにならなくても、そうなのだ。

それほど日本人は組織を優先する。だから、組織が乗っ取られ、「お上」がおかしな人間になっても、それに従うしかないと日本人は無意識に考える。自分の意見よりも、常に組織の意見を尊重する。組織の総意には逆らえない。

最後まで組織に忠実であろうとする日本人の特質


組織の総意で各人が動くというのは、別に日本だけの特質ではない。しかし、他の国の多くは、トップダウンの命令におかしなものを感じたり、違うと感じたら反発する。もしくは組織を離れることを厭わない。

諸外国で離職率が高いのは、彼らが飽きっぽいからではなく、組織に日本人ほど重きを置いていないからだ。他の国では、概して組織よりも自分を尊重する。

すべてがそうだとは言えないが、そういう傾向が強い。組織優先ではないのである。

しかし、日本人は今でも組織に執着する気質がある。その組織におかしな人間が入り込んで変質してしまっても、最後まで組織に忠実であろうとする。

そういった意味で、日本人は集団主義であり、組織主義であり、組織民族である。

誰もが自主独立よりも、組織依存の人生を考える。起業よりも、就職をしたいと考える。独立するよりも、定年までひとつの会社に所属したいと思う。

だから、日本の企業のトップが反社会的な動きをしても、組織は、そのままトップの意向を汲んで突っ走るという危険な状態になってしまう。

もし仮に日本を激しく憎む人間がトップだったらどうなるのか。あるいは、詐欺まがいなビジネスをまったく何とも思わないトップや、ヤクザ組織と通じているトップであったらどうなるのか。

トップが反社会的な行為をしたり、トップが反社会的行為を命じたら、言われた通りに不正や不法行為に手を染める社員がいるということを示している。

組織がするなと言えば、彼らはしない。組織がしろと言えば、彼らはする。だから、トップがおかしくなると、組織全体がそのままおかしなものになる。

真面目な人であれば組織の反社会的な命令に逆らえず、悪事をそのまま実行する。日本の会社組織というのは、概ねそういう体質になっているのである。




チンピラヤクザと一緒に活動している大和証券の社員の姿も動画に収録されている。

いろいろなものが暴露される時代になっている


組織が乗っ取られると、組織全体が犯罪集団になる。自分の所属する組織を間違うと、自分が犯罪の片棒を担がされる。

悪いことだと分かっているものであっても、組織の無言の強制と圧力に抗しきれない。そして、最後に自分の人生が台無しになってしまう。

大和証券にもインテリヤクザを自認する人間がいたというのは、タレコミがあり、さらに本人自身がツイッターで豪語しているのでバレたのだが、他にも多くの反社会的勢力の人間が日本の重要な組織に紛れ込んでいるはずだ。

現在、朝日新聞や毎日新聞ような大手マスコミが、完全に反日的な集団になっている。あるいは、フジテレビやNHKのようなメディアが日本よりも中国・韓国・北朝鮮のような反日国家の意向に沿って日本を貶めている。

これは、トップが反日ロビーに取り込まれてしまって、その反日のトップの意向に沿って、末端の社員が動かされているということでもある。

しかし、最近はインターネットによって日本の国益に反する組織があぶり出されてきている。最初は気づかなかったとしても、その組織に所属しているうちに、そこがおかしな組織であることに気づく人もいるはずだ。

犯罪的な仕事をしていたり、犯罪的な言動をしている人間が君臨していたりする組織は、日本に山ほどある。多くの日本人は今まで、トップがそうであっても見て見ぬふりをしてきたかもしれない。

しかし、情報化がさらに突き進んでいくこの時代に、犯罪的なトップの言動は、いつまでも隠しきれるわけでもない。いろいろなものが暴露される時代になっている。

自社に反社会的勢力の人間がいたらどうするのか。告発すべきだ。細心の注意を持って、内部告発すべきである。それが最終的には組織を浄化し、健全なものとするからだ。

大和証券の社員も何が起きているのか、勇気を持って情報をリークすべきだ。




自社に反社会的勢力の人間がいたらどうするのか。告発すべきだ。細心の注意を持って、内部告発すべきである。それが最終的には組織を浄化し、健全なものとするからだ。


お願い

ダークネスの本文を他サイト(キュレーションメディア、まとめサイト、個人サイトすべて)へ転載する行為は、いかなる理由があっても固くお断りします。