期間限定・数量限定キャンペーン

2016-11-04

「労働力の薄利多売」が起きている時代を生き残る方法とは


日本は依然として過労死が起きている国だが、それと同時に働いても給料が入らないサービス残業もまた起きている。ブラック企業にいいように使われているのである。

こうした労働問題を報道していた朝日新聞でも部下が申請した出退勤時間を上司が改竄するという悪質極まりない事件を起こして嘲笑されている。

ブラック企業を批判する新聞社がブラック企業だったというのだから、笑えないブラック・ジョークだ。

こうしたブラック企業が生きながらえることができるのは、日本人の誰もがサラリーマンになろうとするから、企業がいくらでも「使い捨て」できるからでもある。

使い捨てできるのは、日本人が「取り替え可能な規格品」のような性質を持った人間であるということを意味している。

なぜ、日本人はそうなったのか。その理由のひとつとして、「日本の学校がそんな人間になるように教育しているから」というものがある。

学校は子供たちを徹底して「平均的な人間」に仕立てあげる場所である。

そこで洗脳されてしまったら多くの子供たちが、良くも悪くもない取り替え可能な規格品になり、そうした人間を求める企業に取り込まれ、ただのサラリーマンになっていく。


あなたは、平均的な人間に作り上げられた


学校は、子供たちを採点する。そして、子供たちの苦手を見付けてそれを補正させる。得意な部分を伸ばすのではなく、苦手な部分を引き上げさせる教育をするのだ。

そうすると、子供たちは可もなく不可もない「普通の人間」となっていく。子供たちは、みんな平均的になっていき、子供たちも平均的であることを当たり前であると考える。

平均的であることのメリットは、「ほどほどに生きていける」ということだ。自分が嫌いなものでも取り組むことができて、耐えながら生きていくことができるようになる。

つまり、日本の教育に強い影響を受けると、サラリーマン向きの人間になっていく。

日本は昔から集団主義の国だが、集団主義の中では平均的であることが喜ばれる。

なぜなら、人間がみんな平均的であると組織の歯車にするには好都合で、その人が壊れれば他の人でも取り替えが可能だからである。

サラリーマンというのも平均的な人間の集団でできている。

その人が壊れても、すぐに他の人で補完できるようになっている。日本の組織が強いのは、要するにそれだけ平均的な人間の補充が山ほどあるからだ。

これは日本人にとって、今までは悪いことではなかった。

日本の企業は終身雇用をモットーにしていたし、どこの企業も社員を家族のように扱っていたから、サラリーマンになって組織の一員であり続けるというのは、安心できる生き方だったのだ。

今まではそれが正しかった。しかし、これからも正しいのかと言えば、そうでもない。

世の中がグローバル化した結果、「安価に労働力を提供する」という人間が途上国から数億人も出てくるようになった。労働力そのものが、腐るほどありあまるようになった。

その結果、従業員は「使い捨てできるもの」になっていったのである。

現代は、労働力の「薄利多売」が発生している


グローバル化によって企業間の競争も激しくなり、日本企業は社員を終身雇用で雇う体力がなくなった。さらに、社員を終身雇用で囲い込むメリットも消えた。

なにしろ、安い価格でも悪条件でも構わずに働く人が、世界中でうじゃうじゃと見つかるようになったのだ。別の言い方をすると、労働力の「薄利多売」が発生している。

それなら安い労働力を使った方がいいわけで、わざわざ先進国の高い賃金の労働者などいらない。

その結果、企業は社員の給料をどんどん引き下げて、「嫌なら辞めろ」と言えるようになった。辞めさせれば辞めさせるほど、低賃金の人間に置き換えられるのだから、企業にとっては好都合でもある。

実際、正社員はどんどん切られて非正規雇用に変えられており、給料も引き下げられている。

そして、残った正社員をめちゃくちゃに働かせるとか、残業代を払わないとか、早期退職に追いやるような「使い捨て」まがいなことをしていくようになる。

もちろん、雇用のミスマッチに挟まれ、働き手がいなくて四苦八苦する業界もある。しかし、すぐにどこかから外国人労働者を発見して、彼らを雇い入れるようになるだろう。

おまけに、雇用を排除するイノベーションに向かって世の中が突き進んでいる。今後はますます人が要らなくなってしまう可能性が急激に高まっている。(今、世界で起きているのは雇用を排除するイノベーションだ

つまり、もうサラリーマンという稼業を続けるメリットは失われた。それと同時に「平均的な人間」という範疇にいることが自分の人生を守ってくれることもなくなった。

今後は、平均的であるというのは、じり貧になるということに直結する。

情熱が止められないものの専門家になるべき


現在は、労働力の価値が暴落している時代だ。

労働力は100円ショップの商品並みに安いものとなっており、単に「普通の労働力」を提供するだけでは、もう生きていけない世の中になっている。

生きていくためには、専門知識や専門技術を提供できる専門家(スペシャリスト)にならないといけないのである。

スペシャリストは、知識があり、経験があり、訓練され、特別な問題解決能力が必要なので、取り替えがきかない。何らかの専門家になると、その能力が高い収入を生み出し、食いっぱぐれがなくなる。

では、何の専門家になればいいのか。もちろん、自分が得意なもの、自分の才能の発揮できるもの、好きなもの、情熱が止められないものの専門家になるべきだ。

日本人は今までの教育制度のせいで、どうしても人よりも苦手なところや、劣っているところを補完しようとする。つまり、短所を治そうと努力する癖がある。

だから、日本人の勉強は「苦手なものを補う」という勉強であり、勉強そのものが苦役になる。しかし、苦手を補完しても、せいぜい「普通の人」になるだけだ。

そうではなくて、自分の才能を遺憾なく発揮できる分野の専門家にならなければならない。のめり込むほど好きになれるものは突出できる。

自分がのめり込んでいる世界では成功しやすいというのは理由がある。(知能指数がいくら高くても、社会的に成功するわけではない

突出すれば、自分自身の市場価値が上がる。専門性を持った人間は、その専門を極めることによって重要人物となる。

グローバル化した社会は、何らかの専門を極めた人間が金を稼ぐ社会である。

苦手など、どうでもいい。あなたは、苦手を補完しようと努力するよりも、自分の才能に投資してそれを突出させて、世間に通用する専門家になるべきなのである。



自分の才能と得意を活かして「専門家」になれるかどうか。加速していくグローバル化社会では、それが運命の分かれ道になる。


お願い

ダークネスの本文を他サイト(キュレーションメディア、まとめサイト、個人サイトすべて)へ転載する行為は、いかなる理由があっても固くお断りします。