期間限定・数量限定キャンペーン

2016-09-21

日本以外の国の人間は、みんな「骨の髄から愛国者」である


「愛国ポルノ」という言葉があるという。

「日本が好きで好きでたまらない」という表現をする人を「愛国ポルノに浸っている」というような使い方をする。

この言葉の裏側には、「日本を褒めるのは許さない」という歪んだ反日が隠れている。事実、愛国ポルノという言葉を使う人間は、反日で有名な人たちばかりである。

日本を褒めるという行為をとにかく何とかして侮蔑したいという動機から「愛国ポルノ」という言葉を生みだしたとも考えることができる。

まるで、日本が好きになったらいけないような、そんなニュアンスで言うのだ。

そんな言葉があるのなら、朝日新聞や毎日新聞がやっている反日丸出しの卑称には「売国ポルノ」という言葉を使っても構わないということなのだろう。

これらのマスコミの記事は「自国を過度に貶める記事」なのだから、過剰な部分をポルノという言葉に置き換えるのであれば、「売国ポルノ」という言葉になって然るべきだ。

さしずめ、毎日新聞は英字版で日本人女性を淫乱だと貶し続けて来た歴史がある。売国ポルノ新聞というに相応しい。(毎日デイリーニューズWaiWai問題


「売国ポルノ」に浸っている人間が日本にいる


朝日新聞や毎日新聞はすでに中国・韓国・北朝鮮のプロパガンダ紙として機能しているというのはよく知られるようになっている。

これらの新聞社のスタンスは基本的に反日であり、売国である。世論を通して日本の足を引っぱるのが存在目的だ。まさに「売国ポルノ新聞」であり、「反日ポルノ新聞」でもある。

とすれば、このプロパガンダ新聞社で日々、日本をけなす記事を書いている人間は「売国ポルノ記者」である。

そこに登場する識者は「売国ポルノ識者」であり、反日の言動しかできない大学教授は「売国ポルノ教授」ということだ。

売国ポルノ教授と言えば、路上で他人に罵倒を浴びせながら中指を突き立てるような恐ろしく下品な売国ポルノ教授さえ立教大学にいたりする。

日本を貶めて気持ち良くなるという人間は、もちろん全員が「売国ポルノ」の中毒者である。

日本にはこの愛国ポルノよりも、売国ポルノの中毒になっている薄気味悪い人がたくさんいる。こうした売国ポルノに浸っている人間は、どういう人間か。

売国ポルノに浸っている人間というのは、日々、自国をけなし他国を持ち上げる言動をして、テレビで誰かの売国発言を見聞きすると恍惚とする人だ。

日本をけなして自己満足に浸っているのである。ポルノが自己満足を得るためのものであるとするならば、日本がけなされることで彼らはエクスタシーを感じるのだから、まさに売国ポルノに浸っていると言うに相応しい。

中国や韓国や北朝鮮が日本をけなすと、ここぞとばかりに喜んで追随する。そういった売国ポルノを朝から晩まで書いているのが朝日新聞や毎日新聞だから、彼らの愛読新聞はもちろんこうした新聞である。

日本を嫌う反日の人間ばかりを取材対象にして、その人が確信的につぶやいた「日本は駄目だ」「日本は終わりだ」という言葉を大袈裟に誇張して騒ぐ。

問題は売国ポルノに毒された人間たちが生み出す


日本をけなしてエクスタシーを感じ、中国・韓国・北朝鮮にシンパシーを感じて喜んでいるのだから、こうした売国ポルノに浸る人間は薄気味悪いと思われて当然だ。

別に日本をことさら大袈裟に褒める必要はないが、日本をけなして喜ぶ必要もない。ただ、客観的であればいい。

しかし、売国ポルノに毒された人間たちには、客観性はまったく見受けられない。過剰に日本をけなし、日本が正しい道に行くと怒り、日本が失敗すると喜ぶ。偏狭だ。

こうした売国ポルノに浸っている人間は、日本が中国・韓国・北朝鮮よりも劣化する国になればなるほど喜びが大きいので、そのように行動する。

彼らは日本人を劣化させ、日本社会を劣化させることに奮闘し、それが成功すると感極まってオーガズムに達する。日本を劣化させているのは、間違いなく売国ポルノに浸っている偏狭な人間たちなのである。

日本は確かに劣化している。先延ばしし、事なかれ主義に堕し、中国・韓国・北朝鮮に何をやられても報復すらもできない国になってしまった。

国を守るための軍隊ですらも未だに持つことができず、政治家は中国・韓国・北朝鮮に恫喝されたら未だに金を出し、国内に二重国籍を持った危険な政治家が堂々と野党の党首になっているのに何もできない。

スパイ防止法ですらも作ることができないので、国内は外国人スパイが企業や行政や政治の世界に入り込んで自由に泳ぎ、時には日本人になりすまして好き放題にやっている。

こんな状況になっているのに「日本は欠点のない国だ」と思い込むのは確かに間違っている。日本はあまりにも問題がありすぎる国だ。

しかし、その問題は「売国ポルノ」に毒された人間たちが生み出しているのであって、日本を大切に思っている人間が生み出しているわけではない。

愛国ポルノという言葉は印象操作のために作られた


愛国ポルノという言葉をどこの誰が言い出したかは知らないが、この言葉には「愛国心を持った人はポルノ愛好者だ」と決めつける印象操作がありありと浮かび上がる。

この言葉が広がれば広がるほど「日本が好きだ」とは言えなくなってしまう雰囲気が生まれる。

日本が好きだと言った瞬間に「愛国ポルノだ」と無意識に結びつけられるような風潮になったら、誰も「日本が好きだ」と言えなくなってしまうだろう。

当たり前だが、普通の人はポルノに関わっていると思われたくないからだ。

愛国ポルノという言葉は、それを狙っていると言っても過言ではない。「日本が好き」と言わせない風潮を作り上げて、日本人から愛国心を消し去ろうとしているのである。

つまり、愛国ポルノという言葉を使っている人間は、その人間自体が反日であり、売国者である。

「日本が好き」という自然な感情を「ポルノ」というのだから、愛国ポルノという言葉を使う人間は、レイシストであると思っても間違いない。

今後、もし誰かが日本をけなしながら「日本人は愛国ポルノに浸っている」と言い出したら、「お前が売国ポルノに浸っているのだ」と言い返す必要がある。

愛国ポルノという言葉を使うような人間なのだから、別に遠慮する必要はない。売国している人間にはそう言って教えて上げるのが正しい行動だろう。

愛国ポルノという言葉を使う人間は知らないかもしれないが、日本以外の国の人間は、みんな「骨の髄から愛国者」であり、それを隠すことも恥じることもない。愛国に関しては、誰もが「ハードコア」なのである。

自国をけなす人間はその日のうちに殺されている。





日本以外の国では、どこの国民もハードコアな愛国者だ。嘘だと思うなら調べてみればいい。日本はもっと国を愛することに自信を持った方がいい。それを「愛国ポルノ」という人間は「お前は売国ポルノだ」と言い返せばいい。

お願い

ダークネスの本文を他サイト(キュレーションメディア、まとめサイト、個人サイトすべて)へ転載する行為は、いかなる理由があっても固くお断りします。