2016-07-26

大量殺人鬼と化した植松聖に欠如していたのは3つのものだ


フランス、ドイツ、アメリカで、様々なタイプの大量殺人が続いているのだが、2016年7月26日には、唐突として日本でも奇妙な大量殺人事件が発生している。

神奈川県相模原市緑区千木良の知的障害者施設「津久井やまゆり園」に刃物を持った26歳の元職員が侵入し、知的障害者を次々と殺害していくという事件だ。

この男は「植松聖」という名前なのだが、入所者の知的障害者を明確に殺害する意図を持って施設に侵入し、刃物で次々と首を刺していた。

現在のところ19名が死亡、25名が重軽傷の状態となった。命の危ない重傷者もいることから、死亡者はさらに増える可能性もある。

植松聖はこの施設で働いていた職員だったが、解雇に近い自主退職に追い込まれていた。そのことから、何らかの私怨があったとも言われている。

辞職に追い込まれた原因は今のところはっきりしないが、勤務中に障害者に暴力を振るっていたとも言われているので、それが原因ではないかと推測されている。暴力は一度や二度ではなく、恒常的だったようだ。


「障害者総勢470名を抹殺することができる」


もっとも一般人に対しては暴力的ではなく、逆に腰が低く柔和で明るい好青年の一面を見せていたとも言われている。恐らく反抗的な入所者に対して言い聞かせるための暴力がエスカレートし、恒常的になっていったのだと思われる。

本人はツイッターをしているのだが、2016年2月19日には「会社は自主退職、このまま逮捕されるかも...」と書き込んでいた。

逮捕されるかもしれないというのは、入所者に対する暴力を示唆している可能性がある。

この事件は衝動殺人ではなく、計画殺人であるという見方が強まっている。

というのも、この「逮捕されるかも」という書き込みの4日前に、わざわざ犯行予告のような手紙を持って衆議院議長公邸に訪れて手紙を渡そうとしているからだ。

その手紙には植松聖本人の手書きの文字で、住所も氏名も書かれていたのだが、その内容は以下のものだった。


私は障害者総勢470名を抹殺することができます。

常軌を逸する発言であることは重々理解しております。しかし、保護者の疲れきった表情、施設で働いている職員の生気の欠けた瞳、日本国と世界の為と思い居ても立っても居られずに本日行動に移した次第であります。

理由は世界経済の活性化、本格的な第三次世界大戦を未然に防ぐことができるかもしれないと考えたからです。

障害者は人間としてではなく、動物として生活を過しております。車イスに一生縛られている気の毒な利用者も多く存在し、保護者が絶縁状態にあることも珍しくありません。

私の目標は重複障害者の方が家庭内での生活、及び社会的活動が極めて困難な場合、保護者の同意を得て安楽死できる世界です。

重複障害者に対する命のあり方は未だに答えが見つかっていない所だと考えました。障害者は不幸を作ることしかできません。

フリーメイソンからなる「  」が作られた「   」を勉強させて頂きました。戦争で未来ある人間が殺されるのはとても悲しく、多くの憎しみを生みますが、障害者を殺すことは不幸を最大まで抑えることができます。

今こそ革命を行い、全人類の為に必要不可欠である辛い決断をする時だと考えます。日本国が大きな第一歩を踏み出すのです。

世界を担う大島理森様のお力で世界をより良い方向に進めて頂けないでしょうか。是非、安倍晋三様のお耳に伝えて頂ければと思います。

私が人類の為にできることを真剣に考えた答えでございます。
衆議院議長大島理森様、どうか愛する日本国、全人類の為にお力添え頂けないでしょうか。何卒よろしくお願い致します。

植松聖の実態

私は大量殺人をしたいという狂気に満ちた発想で今回の作戦を、提案を上げる訳ではありません。全人類が心の隅に隠した想いを声に出し、実行する決意を持って行動しました。

今までの人生設計では、大学で取得した小学校教諭免許と現在勤務している障害者施設での経験を生かし、特別支援学校の教員を目指していました。それまでは運送業で働きながら「   」が叔父である立派な先生の元で3年間修行させて頂きました。
9月車で事故に遭い目に後遺障害が残り、300万円程頂ける予定です。そのお金で「    」の株を購入する予定でした。「    」はフリーメイソンだと考え(「    」にも記載)今後も更なる発展を信じております。

外見はとても大切なことに気づき、容姿に自信が無い為、美容整形を行います。進化の先にある大きい瞳、小さい顔、宇宙人が代表するイメージ

それらを実現しております。私はUFOを2回見たことがあります。未来人なのかも知れません。

本当は後2つお願いがございます。今回の話とは別件ですが、耳を傾けて頂ければ幸いです。何卒宜しくお願い致します。

医療大麻の導入

精神薬を服用する人は確実に頭がマイナス思考になり、人生に絶望しております。心を壊す毒に頼らずに、地球の奇跡が生んだ大麻の力は必要不可欠だと考えます。何卒宜しくお願い致します。私は信頼できる仲間とカジノの建設、過すことを目的として歩いています。

日本には既に多くの賭事が存在しています。パチンコは人生を蝕みます。街を歩けば違法な賭事も数多くあります。裏の事情が有り、脅されているのかも知れません。それらは皆様の熱意で決行することができます。恐い人達には国が新しいシノギの模索、提供することで協調できればと考えました。日本軍の設立。刺青を認め、簡単な筆記試験にする。

出過ぎた発言をしてしまし、本当に申し訳ありません。今回の革命で日本国が生まれ変わればと考えております。

作戦内容

職員の少ない夜勤に決行致します。

重複障害者が多く在籍している2つの園 津久井やまゆり、「    」)を標的とします。

見守り職員は結束バンドで身動き、外部との連絡をとれなくします。職員は絶対に傷つけず、速やかに作戦を実行します。
2つの園260名を抹殺した後は自首します。

作戦を実行するに私からはいくつかのご要望がございます。
逮捕後の監禁は最長で2年までとし、その後は自由な人生を送らせて下さい。心神喪失による無罪。

新しい名前(   )、本籍、運転免許証等の生活に必要な書類、美容整形による一般社会への擬態。
金銭的支援5億円。
これらを確約して頂ければと考えております。

ご決断頂ければ、いつでも作戦を実行致します。
日本国と世界平和の為に何卒よろしくお願い致します。
想像を絶する激務の中大変恐縮ではございますが、安倍晋三様にご相談頂けることを切に願っております。

植松聖(うえまつ さとし)

精神的に正常ではなかったのではないかという指摘


この内容には「障害者が健常者の負担となっているので自分が障害者を殺すことで不幸を最大まで抑えることができる」という歪んだ使命感が前半にあるのだが、それから先が奇妙だ。

フリーメーソンが出てきたり、宇宙人が出てきたり、自分を未来人と言ってみたり、金銭的支援5億円を確約しろと言ってみたり、それが「日本国と世界平和のため」と言ってみたり、支離滅裂だ。

医療大麻の導入、パチンコの規制、刺青の認知などにも触れられているのだが、これは障害者の大量殺戮という目的を語る内容とまったく関連性もない。

明らかに、妙なオカルトの世界に入り込んで現実感を見失っている。

現実感を見失っているところに、障害者施設で疲弊した現場や自分の思う通りにならない世界に対する鬱屈とした感情が積もり、狂気にとらわれていったのではないか。

奇妙奇天烈な陰謀論やオカルトに没頭して、現実を見失って殺人に至るのだから、その観点で植松聖という男は一種の精神錯乱があったと言うのは間違いない。

一番、知的な部分で問題があったのは、被害者よりもむしろ加害者の植松聖の方であったはずだ。

元々、精神的に正常ではなかったのではないかという指摘もある。

詳しくは分かっていないが、警察当局は「植松容疑者は過去に起こしたトラブルにより医療機関の診察を受け、措置入院させられたことがある」とも報じられている。

もし、そうであるとするならば、精神的に極めて不安定な人間が知的障害者施設に職を得て、そこで働いていたということになる。

その中で、もともと現実感のなかったところに知的障害者に対する不満、同僚に対する不満などが鬱積して、ついに2016年7月26日の凶行につながっていったのだろう。

植松聖に欠如していたのは何か。それは、3つある


植松聖の最後のツイートは「世界が平和になりますように」というものだった。

大量殺人を行う人間が世界平和を願うというのはブラックジョークに見えるが、殺人鬼ほど「世界が平和になりますように」と言いたがるのは世の中の常だ。

殺人鬼にとっての世界平和というのは、自分の目ざわりな人間が死ぬことによって平和になるという意味だ。だから、大量殺人を行うことと、平和になることは、精神異常者にとっては矛盾していない。

しかし、矛盾していないから正しいというわけでもない。それは充分に異常であり、危険である。

特に自分の理念のためには殺人という手段に出るということ自体が、すでに精神的な異常の域に達している。身勝手であり、かつ現実感を見失っている。

植松聖に欠如していたのは何か。それは、3つある。

常識と、良識と、現実である。

自分が導き出した結論は常識に則っているのか。良識に照らし合わせて正しいのか。そして、自分が考えていることは現実的なことなのか。

常識と、良識と、現実があれば、大量殺人が障害者問題の最終手段であるという結論には至らなかったはずだ。奇妙奇天烈なオカルトにとらわれなかったはずだし、そもそも職を失うこともなかったはずだ。

植松聖の文章を読んで、文頭から文末まで欠けているのは、常識と、良識と、現実だったのである。だから、その文章は、読んでいて狂気と精神の未熟さを感じさせるのだ。

植松聖は人間として大切な常識や良識が欠如して現実を見失っていた。常識と、良識と、現実を見失った人間の行動というのは、まともなものになり得ない。




常識と、良識と、現実があれば、大量殺人が障害者問題の最終手段であるという結論には至らなかったはずだ。奇妙奇天烈なオカルトにとらわれなかったはずだし、そもそも職を失うこともなかったはずだ。植松聖には、この3つが欠如していた。


お願い

ダークネスTIGAの本文の全文転載は、いかなる理由があってもお断りします。
本文の舞台、参考になる写真がありましたら、提供いただければ嬉しく思います。感想やご意見も、お待ちしております。趣旨に合うものについては、積極的に反映していきたいと考えております。(メールはこちら