期間限定・数量限定キャンペーン

2016-06-14

今後も日本は様々な問題で韓国からしつこく嫌がらせされる


韓国はありとあらゆる問題で日本に難癖をつけて、「謝罪と賠償」を要求するのだが、その根底には韓国人による日本人のヘイト感情がある。

韓国人は恨(はん)の文化があると言われているが、要するにヘイト(憎悪)を隠せない民族であるということだ。韓国人は日本人に凄まじいヘイト感情を持っているのだ。

だから、今後も日本は様々な問題で韓国からしつこく嫌がらせされる。韓国は敵意とヘイトで日本を攻撃する。私たち日本人は、韓国人の執拗なヘイトから逃れられない。

本当であれば、この韓国人が持つ日本人へのヘイト感情はメディアが知らしめ、韓国人の本質を分析すべきだった。

ところが、現在はマスコミ自体がこの韓国の工作員に乗っ取られているような状況になっているので、韓国の日本人憎悪を隠し、実態を見えなくしてしまっている。

日本人は韓国ばかりか、マスコミにまで裏切られて袋叩きにされている。朝日新聞やフジテレビ等のマスコミが「マスゴミ」と言われるようになって久しいが、もう日本人は誰もマスコミを信用していない。

韓国人と一緒になって日本に陰湿なヘイト感情を持ってをけなすマスゴミを、誰が信用するというのか。


すべての世代が、みんな反韓になっていった


韓国の日本人に対するヘイト感情は、陰湿で気違いじみたものがある。韓国の与党も野党も国民も、いかに反日であるかを競っている。少しでも親日だと思われたら非難されるのが韓国だ。

韓国内では反日教育という日本人をヘイトする教育が公然と行われ、国全体が日本人ヘイトを公認している。韓国は日本ヘイトが横行するヘイト国家なのである。

それが知れ渡るようになると、日本人も韓国を嫌う人間が爆発的に増えていった。今では70%近い日本人が韓国に対して嫌悪感情を抱いている。

興味深いのは、かつては韓国に対して、どちらかと言えば親しみを感じていたはずの団塊の世代も、その多くが反韓や嫌韓に向かっていることである。

団塊の世代というのは「1947年から1949年に出生した世代」なのだが、この世代が反韓や嫌韓に回った。さらに、それよりも上の世代も2012年8月から明確に反韓に回っている。

当時の韓国の大統領だった李明博(イ・ミョンパク)という薄気味悪い男が勝手に日本の領土である竹島に上陸して、そこを「韓国のものだ」と言い張った挙げ句、日本の天皇陛下を「跪いて謝れ」と罵った。

これによって、70代よりも上の世代も、そのほとんどが韓国に対して激怒し、反韓に回っていったのだ。

若年層は、すでに2002年のワールドカップ共催で、韓国に有利な誤審が相次いだことから嫌韓が広がっていた。

これが2009年の民主党政権樹立からテレビでの韓国推しが露骨になったことから、ますます反韓が広がって行き、インターネットではもう反韓一色となった。

2011年には露骨なまでに韓国推しを繰り広げたフジテレビに向かって抗議デモまで起きたのだが、これによってフジテレビは凋落して今も信用されていない。

この日本人の反韓感情は、朴槿恵(パク・クネ)が大統領になってからさらに勢いづいた。この大統領は「日本人を1000年恨む」と言い放った反日剥き出しの大統領だったからだ。

フラストレーションは、今や爆発寸前だ


日本人の韓国に対するフラストレーションは、今や爆発寸前にまで広がっている。日本人の多くは、韓国がどんな国なのか、もう知っている。

靖国問題で騒ぎ、盗んだ仏像は返さず、何度も強制労働訴訟を蒸し返して金をせびり、嘘と捏造の慰安婦問題で日本に謝罪と賠償を要求し続ける。

アメリカにも慰安婦像を立てて、旭日旗に文句を言い、日本海を東海と言い換え、歴史教科書で内政干渉をして、竹島を自分たちのものだと叫ぶ。

日本人を豚の足だとか犬だとかという侮蔑的なヘイトスピーチを平然と口に出し、反日教育を続けて日本人に対するヘイト感情を植え付ける。

天皇陛下に跪いて謝罪しろと言い放ち、日本文化のありとあらゆるものを韓国起源として主張する。

大統領は最初から剥き出しの反日で、何もかも日本が悪いと告げ口外交を行い、国内向けでも「千年恨む」と発言する。

日本を嫌っているのに日本人からぼったくることだけは平然と行い、日本を利用することを「用日」と言って当たり前のように行う。

金儲けと犯罪のために日本に上陸し、韓流を押しつけ、流行っていないものを流行っているとマスコミで嘘八百を垂れ流し、日本企業から技術をことごとく盗み取っていく。

中国と組んで、中国に対しても反日をブーストさせることを提案し、中国で安重根記念館を建てたりする。

こういったことが起きていることを多くの日本人は知るようになり、今や日本人の全世代が韓国に対して激しい嫌悪と拒絶と憎悪を持つようになっているのだ。

大人の対応そのものが舐められる原因になっている


こうした中で、日本人は耐えて耐えて耐え抜いている。

しかし一部の日本人は、「韓国人のヘイトを耐えて受け流すだけでいいのか?」「韓国人のヘイトに耐えて、ただのお人好しだと思われていいのか?」と自問自答するようになっているのが現状だ。

今、韓国に反感を持つ人たちが、まるで磁石が引き合うように結びつくようになっており、日本のあちこちで「反韓」を押し出した組織や団体となって動き始めている。

日本の国内で反韓が広がり、個人が組織化して情報共有するようになっている。

そして今や日本国内でも、反韓を主張する強烈な組織が山のように出現して、韓国の声闘には声闘を、策謀には策謀で、暴力には暴力で対抗するようになりつつある。

今までは「無理難題を言われたら、それを地道に反証する」という手段が良いと言われて、日本は大人の対応をしてきた。

しかし、次から次へと問題を引き起こしてくる韓国に対して、大人の対応では何の反撃にもなっていない。現在、その「大人の対応そのものが舐められる原因」となっているという現状認識が為されている。

だから、日本が取るべき対応は、明確に韓国に怒りを表明し、韓国に断交と戦争を叩き付ける覚悟で対抗すべきだという方法論が支持されるようになっているのだ。

「問題を潰すのではなく、韓国を潰す方が早い」と発言するグループすらも草の根で生まれている。こうした日本国内の動きはすべて韓国人が本来持っている日本人へのヘイト感情が生み出したものである。

韓国では反日というヘイト行動が執拗に続き、日本人の反韓がそれに呼応していく。韓国人の日本人ヘイトが、日本の反韓感情の養分になる。

やがて日本にはもっと過激な反韓の組織や団体が生まれ、台頭し、席捲するのは時間の問題だ。彼らが、日本を揺り動かすことになる。

日本の反韓は、これから深化し、拡大していく。



最初から反日全開だった朴槿恵。韓国はありとあらゆる問題で日本に難癖をつけて、「謝罪と賠償」を要求するのだが、その根底には韓国人による日本人のヘイト感情がある。

お願い

ダークネスの本文を他サイト(キュレーションメディア、まとめサイト、個人サイトすべて)へ転載する行為は、いかなる理由があっても固くお断りします。