期間限定・数量限定キャンペーン

2016-05-28

米大統領の広島訪問と「被害者ぶるな」と日本を罵る3ヶ国


アメリカのオバマ大統領が広島を訪問したことは、日本側としては「良い面」と「悪い面」がある。良い面は日米がこれまでになく緊密化し一体化したことだ。

今までのアメリカの歴代大統領は、「原爆を落としたのは戦争を早く終わらせるためであった」という正当化の中で、原爆の悲惨さや残虐さに向き合うことができなかった。

しかし、オバマ大統領は「核兵器のない世界」を打ち出している大統領であり、広島訪問はその決意の表明であり、総仕上げでもあった。

オバマ大統領が広島を訪問することによって核爆弾の凄まじい非人道性が改めてクローズアップされ、核爆弾の撤廃気運が進んでいくことも期待される。

そして、アメリカの大統領が実際に広島を訪問して献花することによって、日米間の間にあった微妙なわだかまりが解けて、より深いつながりへと深化していく兆しとなった。

日本のマスコミは矮小化しているが、アメリカは今もまだ強大な国家であり、金融の観点からも軍事の観点からも技術革新の観点からも世界で最も重要な国である。

アメリカと緊密な関係になるのは、総合的な面で悪い話ではないというのが現実だ。


アメリカは、大統領が変われば方針が変わる国だ


ただ、アメリカの大統領が広島を訪問して「核廃絶を訴えた」というのは「悪い面」もある。

アメリカは大統領が変わると方針も変わる国である。次期大統領がオバマ大統領とはまったく別のスタンスを持ち、「核廃絶」のスタンスは完全に捨て去ることもあり得る。

特にドナルド・トランプ大統領候補は、現在のオバマ大統領とはまったく毛色が違う大統領である。

ドナルド・トランプが大統領選に乗り出したときは「キワモノ」候補と思われていたが、今やこの人物が共和党の指名獲得を確実にしている。

その大統領候補が、「IS(イスラム国)に対しては核使用も否定しない」「核兵器が最後の手段」と公然と言っている。核戦争の危険性と核廃絶を広島で訴えるオバマ大統領とは対極の姿勢がここにある。

さらに、アメリカ第一というポリシーにより、「場合によってはアメリカ軍をアジアから引く」ことも表明している。

つまりドナルド・トランプが大統領になると、「核廃絶」はすっかり忘れ去られて世界中の国々が「核開発」に向かって動き出していき、さらにそんな中で日本は「アメリカの傘」が消えて丸裸になる可能性すらもあるのだ。

日本の周辺国は中国・北朝鮮・韓国・ロシアと、危険な国家がひしめいている。これらの国は公然と反日を国の方針としており、さらに中国・北朝鮮・ロシアは核を保有している。

日本からアメリカが消え、核廃絶を字義通り信じて核を保有せず、平和憲法で自衛隊の手足を縛られ、その中で周辺国から核で恫喝された場合、日本は蹂躙されるがままとなっていく。

アメリカが大統領次第でころころと方針を変える可能性がある中で、日本は「核を落とされたので恒久に核廃絶を強いられる」というのは、日本にとってはマイナスである。

日本の周辺が日本に敵意を剥き出しにして、核ミサイルを向けてくる中で、日本だけが核保有をしないというのは、日本にとっては凄まじく不利な状況である。

特定アジアは今や明白なる日本の敵国となっている


今回のG7の開催を激しく批判し、オバマ大統領の広島訪問についても「日本は被害者ぶるな」と攻撃しているのは、中国と韓国と北朝鮮だ。

中国は「広島は注目に値するが、南京はもっと忘れてはならない。被害者には同情するが、加害者は永遠に責任を回避できない」と言っている。

韓国は「被害者イメージを政治的に利用しようとする安倍政権に免罪符を与えた」と言っている。

北朝鮮は「対外的には日本も戦争の被害者だという印象を強く与えることによって、戦争を引き起こした張本人、侵略者としての正体を覆い隠し、過去の犯罪に対する免罪符をもらおうとしている」と言っている。

そして国連の潘基文は日本が主催国となるG7そのものを潰そうとして、G7伊勢志摩サミットの2日前にわざと「世界人道サミット」を開催するような行動を起こしている。

中国・韓国・北朝鮮と言った「特定アジア」3ヶ国と、その特定アジアの人間がトップに立っている国連がことごとく日本を攻撃しているのは、日本人はもっと深く憂慮した方がいい。

日本のマスコミは絶対に指摘しないが、これらの特定アジアは揃って反日を標榜し、それを隠そうともしない。特定アジアは今や明白なる日本の敵国なのである。

こうした特定アジアの工作員に支配され、乗っ取られたマスコミは、特定アジアが日本の敵国になっているという事実を覆い隠して気付かせないようにしている。

しかし、いくらマスコミが隠しても、反日を剥き出しにして日本に迫る特定アジアの姿勢を見て何も感じないほど日本人は鈍感ではない。

今回のアメリカ大統領の広島訪問で特定アジア諸国の言動を見て、ますます日本人はこれらの国に限りない不快感と嫌悪を抱いたはずだ。

日本とアメリカが広島を通して緊密化すると同時に、特定アジアとは溝が深まっている。

日本を、より弱体化させるための3つの方策


中国・韓国・北朝鮮と言った特定アジアは、日本をより弱体化させるためには、以下の3点が有効であると気付いて、マスコミやジャーナリストを買収してその3点をゴリ押ししている。

(1)日本国内でガチガチの平和主義を浸透させる。
(2)絶対に核を持たせず、議論もさせない。
(3)アメリカとは離反させる。

日本の「市民団体」は特定アジアに乗っ取られているか、最初から特定アジアの人間がやっていることが多い。

そんな市民団体が「軍隊を持たせない平和主義」を日本の中で推進し、日本の侵略を容易にするために「核を持つな」と運動し、日米をあの手この手で離反させて日本を孤立化させようとしているのである。

誰でも暴力が吹き荒れる世界よりも、平和な世界の方が良いに決まっている。

しかし、侵略者が相手の国に潜り込んで「平和が重要、兵士を持つな、武器を持つな、核を持つな」と言って武装解除させるのは、平和のためではなく、その国を侵略するためだ。

特定アジアが日本に「平和を守れ」というのは、日本を軍事的に弱小な状態にしておくためであり、本当に平和を望んでいるからではない。

本当に平和を望んでいるのであれば、自分たちが率先して軍事力を削減するが、特定アジア3国は軍事力をますます強化して周辺国を恫喝し、圧力をかけているような状況である。

「日本は核兵器を持つな」と叫ぶのも、自分たちが核兵器を持って日本に持たせなければ、それだけで軍事的に有利になり、「言うことを効かなければ核を落とすぞ」と恫喝できるからだ。平和のためではなく、日本を侵略するためだ。

中国大好きジャーナリストが、やたらと日米離反を目的とした記事を書き続けるのも、特定アジアが日本を侵略しやすいようにするためであり、日本のことを考えているからではない。

アメリカの大統領の広島訪問は、その反応を見ることで「誰が日本の敵なのか」を炙り出す良いリトマス紙になる。もうすでに日本は「超限戦」を仕掛けられているのだから、誰が敵なのかを見極めるのは重要なことだ。



広島を訪れたオバマ大統領。今までのアメリカの歴代大統領は、「原爆を落としたのは戦争を早く終わらせるためであった」という正当化の中で、原爆の悲惨さや残虐さに向き合うことができなかった。

お願い

ダークネスの本文を他サイト(キュレーションメディア、まとめサイト、個人サイトすべて)へ転載する行為は、いかなる理由があっても固くお断りします。