期間限定・数量限定キャンペーン

2015-11-04

反体制活動家や工作員を排除しないと会社の信頼は瓦解する


今後、日本企業の最も重大な懸念は、反体制活動家や特定アジアの工作員やスパイを知らずに雇用して、この人間たちの活動で会社イメージが巨大なダメージを受けることだ。

企業自体は、そうした反体制活動や特定アジアの工作とはまったく関係も関連がなかったとしても、知らずに雇用してしまった社員がこの会社に所属しているのが分かったとき、会社そのものが攻撃され、信用を落とすことになってしまう。

現在、エフセキュア(F-secure)という企業がそうしたトラブルに巻き込まれている。

この企業のマーケティングマネージャーを務めている人間が、反体制活動を行っていて、自分と意見が違う人間たちの個人情報をフェイスブックで集めて悪意をもって公開していた疑惑があるのだという。

もし、これが事実なのであれば「エフセキュア」はこの反体制活動家な社員ひとりのために売上激減するどころか、著しいダメージを負うことになる。

なぜなら、本来であればセキュリティを守らなければならない企業が、その内部から問題社員が個人情報漏洩していたことになるからである。

セキュリティ企業が個人情報を漏らすのだから、洒落にならない危機である。


反体制活動家ひとりのために凄まじい酷評の嵐


このマーケティングマネージャーが個人情報の漏洩を行っているということが分かった翌日、エフセキュア(F-secure)の商品を売るアマゾンのレビューは、批判一色で埋まっている。

たとえば、「F-Secure インターネット セキュリティ 2014」という商品があるが、この商品のレビューを見ると、反体制活動家ひとりのために凄まじい酷評の嵐となっている。(この商品のアマゾンのリンク

一部を紹介すると以下のようなことが書かれている。

「ウイルスを作っているのは実はセキュリティソフトを作っている会社だ!」なんてジョークがありますよね。あれはさすがに都市伝説だと思いますが、F-Secureの場合はガチで社員が個人情報をSNSに晒しています。事故ではなく故意、それも政治的な思想が自分とは異なるというだけのくだらない理由からです。
値段がリーズナブルでそこそこの性能とE-setと比較し、キャンペーンをたまたまやっていたのでE-setにしたのが一ヶ月前のこと。危なかった。自分が嫌いな人にいいね!をした、ただそれだけで300名もの個人情報を会社のネットワークを私用に使ってさらす人が社員にいます。恐ろしいです。しかもかなりの権限を持った重役らしい。さらにSNSで取引先の営業が共産党支持者というだけで優遇措置をとったと暴露しています。こんな共産党ずぶずぶの会社が今話題のマイナンバーのシステムに関与しているとは世も末です。責任をとって辞退して頂きたい。こんな会社に国民の個人情報を任せられますか?
日本のマイナンバーや防衛にも関わっているとされるセキュリティ企業の社員がフェイスブックの特定の政治的意見が気に入らないからといって関わった人間の個人情報を拡散させるなど。しかも拡散された個人情報には非公開情報も含まれており、フェイスブックのセキュリティを F-Secure が担っていたことから絶対にあってはならない疑惑が浮上しています。この件は日本の安全保障の観点からも非常に重大な問題ですので政府に通報したいと思います。個人や知り合いに対しても当然ですがこの件に関しては情報を共有したいと思います。
小さい会社ですがこのセキュリティソフトを使わせて頂いておりましたが、知人がエフセキュアの社員にFacebook上で個人情報を晒されたとの話で恐怖を覚えたそうです。いくらセキュリティをうたっていても内部の悪意ある社員が行動するというセキュリティソフトを提供する会社としてのモラルの無さや危機管理の無さに失望しておりますしもう我が社ではエフセキュア製品の使用をするのはやめたいと思っております。セキュリティ会社としての信頼は皆無に等しい事件であり、現在でも多くの地方自治体でもエフセキュア製品は使用されているとの事ですが公官庁及び国の機関は可及的速やかにセキュリティの見直しをすべき案件だと思いました。
セキュリティ会社がその権限で個人情報曝しですか。すごいですね。偏った政治的思想で、あろうことか子供への襲撃や誘拐まで示唆するツイートまでする役員がいる会社が官公庁と仕事してるなんて。平社員ではなく役員なのがまた驚きです。役員がそうなら、社長もそうだろうし、役員以下全ての社員がそういう思考で動いてるのではと疑っています。こんな会社がマイナンバーにも関わってるとか、恐ろしい。防衛省の情報が「なぜか」共産党に漏れるということが以前ありましたが、これを見るとさもありなん、です。セキュリティ会社の人間ならそりゃあ可能ですよね。FBの非公開プロフィールだって手に入れるのも簡単。こんな会社に情報を守ってもらいたくありません。背中から撃たれるだけじゃないですか。買い換えを検討していましたが、手を出さなくて本当に良かった。
このようなコメントが次から次へとレビューに書き込まれており、何も知らない人がみれば、もはやこのレビューを読んだだけで購入意欲はゼロになってしまうはずだ。

ゼロどころか、永遠に購入しない可能性もあるのでマイナスになったと言うしかない。

エフセキュアという企業が問題があったのではない。問題だったのは、ただ一点「反体制活動家を知らずに雇っていた」ということに尽きる。

「身元調査、思想調査、内部調査」の3点を重視


日本にはスパイ防止法が機能しておらず、反体制活動家だけではなく、中国・韓国・北朝鮮のいわゆる「特定アジア」と呼ばれる国々の工作員やスパイが日本人になりすまして、日本の重要な企業に潜り込んでいく動きが延々と続いている。

マスコミは特に、こうした反体制活動家や工作員やスパイのターゲットとなっており、多くの「危険人物」が紛れ込むようになっている。

いったん、こうした危険人物が組織の中に紛れ込むと、こうした人間は仲間をどんどん引き込むようになり、やがて組織が汚染されて反日化していくことになる。

現在のマスコミの激しい反日報道は、まさに反体制活動家と工作員に乗っ取られた末路である。

マスコミだけでなく、日本のありとあらゆる企業、重要機関のほぼすべてが、こうした人間たちに汚染されていることに日本の不幸がある。

日本の企業が衰退したのも、こうした反体制活動家や工作員が組織を汚染しているからであり、日本の復活が遅れているのも、やはりこうした人間たちが重要組織に食い込んでいるからでもある。

エフセキュアで起きたことは、今後どこの企業でも起こり得る恐ろしい事態なのである。

だからこそ、日本の重要機関・重要企業は、必ず「身元調査、思想調査、内部調査」の3点を重視しなければならない時代となっているのだ。

そして、反体制活動家や工作員が組織内に紛れ込まないようにしなければならない。(日本を乗っ取る人間は、この3つを行って完全排除すべきだ

外見では見分けが付かない以上、「身元調査、思想調査、内部調査」で炙り出さなければ発見することはできない。

場合によっては会社存続の危機に陥る可能性がある


反体制活動家や工作員を絶対に雇わないというのは、今後は企業の大きな指針にしなければならないものである。

厳しく「身元調査、思想調査、内部調査」で見つけて、こうした危険人物を排除しなければならない。

エフセキュアは、マイナンバーにも関わっている企業なのだが、反体制活動家や工作員を抱えたままマイナンバー制度が本格化すると、国民の個人情報は内部からザルのように漏れてしまうことになる。

アメリカでさえも、ハッキング攻撃で国民の重要情報が中国に根こそぎ盗まれているが、日本も同じ目に遭う確率が高い。

「身元調査、思想調査、内部調査」を行うというのは、機密情報を守り、信頼を守るということでもある。今後、きちんと「身元調査、思想調査、内部調査」を行うことを発表し、実施する企業は信頼される企業になる。

逆に、こうした基本を徹底しない企業は、今回のエフセキュアのように企業そのものの信頼が一瞬にして崩壊し、場合によっては会社存続の危機に陥る可能性がある。

現在、共産党や民主党、特定アジアの工作員たちが一部の若者を祭り上げて反体制活動を行っている。

このような日本の国益を損なうような思想でわめき散らしているような反体制活動家や工作員は、雇用しないようにしなければ、大きなツケを払うことになってしまう。

これからやってくるのは、超高度情報化社会であり、すべての組織はいかにセキュリティを重視できるかが、生き残れるかどうかの重要な要素になる。

反体制活動家や工作員を組織内に潜り込まれた企業が、情報化戦争に勝てるはずがない。たったひとりでも危険人物が潜り込むと、それが致命傷になることもあり得る。もう、そんな時代に入っているのである。



たったひとりの反体制活動家がいるだけでも、企業は信頼を喪失する。反体制活動家や工作員を組織内に潜り込まれた企業が、情報化戦争に勝てるはずがない。

お願い

ダークネスの本文を他サイト(キュレーションメディア、まとめサイト、個人サイトすべて)へ転載する行為は、いかなる理由があっても固くお断りします。