2015-08-13

鳩山由紀夫の土下座は、恫喝すれば土下座するという前例に


鳩山由紀夫が韓国で土下座して話題になっている。

元総理の肩書きを持つこの男は、西大門刑務所歴史館で「日本が植民地統治していた時代に、独立運動家にひどい目に遭わせたことを心から申し訳なく思う」として、涙目になってモニュメントに手を合わせ、土下座したのだった。

土下座というのは、言葉のアヤで言っているのではない。本当に土下座したのである。

さらにこのようなことも言っている。

「韓国の植民地統治や中国をはじめとした侵略は事実として書き込まれなければならない。それらへの反省と謝罪が当然含まれなければならない」「平和憲法9条を必ず守らねばならないことを誓う」

言っていることは、中国・韓国・北朝鮮という「特定アジア」三カ国の反日プロパガンダそのままである。

そのため、この男はどこの国の人間なのかと、当の日本人に疑われるようになっている。この男は宇宙人なのではないかとも言われているが、そんな皮肉を言っている場合ではないほど有害だ。



日本を売り渡すのが鳩山由紀夫という政治家の正体


鳩山由紀夫という人間は、日本人の立場に立って何かを発言したことは一度もない危険な政治家である。それは、すでに多くの日本人が知っている。

この男は「尖閣諸島は日本が中国から盗んだ」と発言したこともあるし、「日本列島は日本人だけの所有物ではない」と言ったこともある。

鳩山由紀夫のスタンスは変わっていない。この男はずっと売国奴側の人間だったのである。(日本人のことは何一つ考えていない鳩山由紀夫という危険人物

こんな男が民主党の元党首であり、さらには一時期は日本の総理大臣の地位にあったのだ。

民主党政権時代の2009年から2012年までの3年間で日本が崩壊寸前になったのは無理もない。

鳩山由紀夫を始めとする民主党政権は、日本人のための政治など一度もしなかった。民主党は、日本よりも中国・韓国・北朝鮮の方が重要だったのだ。

極度の円高政策、意味のない離米政策、薄気味悪いほどの媚中媚韓を継続し、マニフェストで日本人に約束していたものはすべて守らなかった。それが民主党であり、鳩山由紀夫という政治家の正体だったのである。

鳩山由紀夫はひたすら外国人参政権付与を推進していたが、これは政治の実権を日本人から特定アジアの工作員に売り渡すための手段であったことが知られている。

特定アジアが日本に大量の工作員を潜り込ませ、本国の支持で政治を歪めているのは、現在の集団的自衛権反対のデモがことごとく特定アジアの工作員で占められている現実を見れば分かるはずだ。

鳩山由紀夫は特定アジアの工作員が日本を乗っ取る手伝いをしていた政治家だったのである。

日本には恫喝が効くと思わせた鳩山由紀夫の行為


鳩山由紀夫は、韓国の「抗日」の現場である西大門刑務所歴史館では手を合わせて土下座した。しかし、鳩山由紀夫が靖国神社で「日本のために戦った英霊たち」のために手を合わせることは絶対にない。

それどころか、鳩山由紀夫はこのように自分から韓国の新聞社に明言していたのである。

「私をはじめ、政権の核心要人が靖国を参拝することはないと断言する」

この男は日本を守るために命をかけた英霊にはまるっきり関心がないのだ。信じられないほど日本を嫌っていて、逆に特定アジアに深く肩入れする。

だから、鳩山由紀夫が韓国で土下座したとしても、驚く日本人はほとんどいない。中国や韓国に謝れと言われれば、米つきバッタのようにひたすら何十年も謝り続ける。それが鳩山由紀夫の言う「友愛」なのである。

問題は、謝っても謝っても、韓国はすぐに問題を蒸し返して、何度も日本に謝罪と賠償を要求してくることである。以前の謝罪はなかったことにして、大統領が変わるたびに謝罪を声高に要求する。

今まで、そのたびに日本政府は謝ってきた。しかし、日本の要人が謝罪して賠償するたびに、さらにつけ上がって「もっと謝罪しろ」と要求してくる。

韓国にとって日本に謝罪させるというのは、ストレス解消の元でしかない。そして、韓国人はこのように考える。

「強圧的に日本に要求すれば、何でも飲んでくれる」

今回の鳩山由紀夫の土下座も、「やはり日本には恫喝が効く」と韓国に思わせたはずだ。

日本を1000年恨むと言った朴槿恵(パク・クネ)も、自分の方針が正しいと確信したに違いない。

すべての日本人を土下座させようとする動きになる


「日本や日本人にはどんどん恫喝すればいい。そうすれば、日本人は土下座してくる」

鳩山由紀夫の土下座を見て、今ごろ特定アジアの三カ国の人間たちはそのように考えているのは間違いない。

無理難題でも、捏造でも、それを元に声高に激しく日本をなじれば、日本人は最後に土下座すると彼らは鳩山由紀夫で学習したのだ。

そのため、今後は特定アジアの三カ国の反日と恫喝はさらに激しいものになっていくと考えられる。

何しろ、「恫喝すれば元総理大臣ですらも土下座する」のだから、彼らがそれをしない理由がない。どんどん恫喝して土下座させてやれ、という話になる。

特定アジアの政府は、自分たちに何か失策があれば必ず国民の目をそらすために反日誘導を行う。そこに「日本人には恫喝が効く」という学習が重なるのだから、日本はさらに危険になったと言っても過言ではない。

折しも、2015年6月から中国は株式バブル崩壊で窮地に陥っており、韓国もまた経済はボロボロの状態になっている。

8月に入ってからは中国は怒濤の勢いで通貨切り下げを行っているが、それによって韓国もまた混乱に陥る。国民の経済的不満は募っていき政府を突き上げる。

政府が国民に、今まで以上に「反日」を意識させようとするのは時間の問題である。

特定アジアが反日をエスカレートする素地は整っている。鳩山由紀夫の土下座は、反日をさらに誘発しやすくしてしまったと言える。

鳩山由紀夫の土下座は、今度はすべての日本人を土下座させようとする動きにつながっていくだろう。土下座しなければ謝罪と認めないというところにまでいくかもしれない。

危険なことになっている。




鳩山由紀夫の土下座は、今度はすべての日本人を土下座させようとする動きにつながっていくだろう。土下座しなければ謝罪と認めないというところにまでいくかもしれない。

お願い

ダークネスTIGAの本文の全文転載は、いかなる理由があってもお断りします。
本文の舞台、参考になる写真がありましたら、提供いただければ嬉しく思います。感想やご意見も、お待ちしております。趣旨に合うものについては、積極的に反映していきたいと考えております。(メールはこちら