2015-07-30

特定アジアの工作員を雇わないというのは当然の経営判断だ


現在行われている若者による集団的自衛権反対デモの背景には日本共産党や中核派が存在する。

彼らの主張は、日本の侵略を画策する中国・韓国・北朝鮮と言った「特定アジア」が利するものであり、総合的に見ると日本を弱体化させるものである。

つまりこうした集団的自衛権反対デモを行っている若者は、潜在的に「破壊工作員」か、もしくはその「手先」であると思われても仕方がない。

最近、「この若者たちの就職は難しくなるだろう」と言う意見が出てきているが、もちろんそれは至極当然のことであり、別に驚くような内容ではない。

「特定アジア」と呼ばれる反日国家の手先となって動いている人間を誰が好き好んで雇うのか疑問だ。

もちろん、朝日新聞や毎日新聞のような、中国のプロパガンダ紙と化した組織もあるので、そうしたところでは雇われるだろうが、ごく普通の会社は「活動家」に内定を出すことはない。


個人の身元や思想は、かなり正確に分かる時代だ


最近は昔と違って、フェイスブックやツイッターのようなSNSで個人の身元や思想は第三者でもかなり正確に分かるようになってきている。

さらに個人がこれ見よがしに自分でプライベートの写真をアップロードするわけで、黙っていればプライバシーが守られた昔と違った社会になっているのである。

そんな中で、「特定アジア」の工作員と共におかしな活動に手を染めているのが分かったら、さすがにそんな危険な人間を雇おうと思う会社はない。活動家と分かれば、排除される。それが世の中だ。

現在、中国・韓国・北朝鮮の反日国家が、日本の国内に大量の工作員を潜り込ませている。

特定アジアの工作員が「なりすまし」や「背乗り」をしながら日本人のフリをして各企業、各団体、各組織に入り込んでスパイ活動をするようになっているのだ。

企業側もそれに気付くようになっており、今後は雇う人間の身元調査が厳格に行われていくようになる。特定アジアによる反日工作がひどくなればなるほど、身元調査もまた厳しくなっていくのは当然の帰結だ。

アメリカでは政府機関や防衛産業には、本当にアメリカを思う人間「だけ」を選び抜いて国益に邁進しているが、そのような仕組みは日本にも取り入れられることになるだろう。

身元調査=セキュリティ・クリアランス
思想調査=バックグラウンド・チェック
内部調査=インターナル・アフェア

アメリカで行われている「身元調査」は上記の三点がセットになっているのはよく知られている。(日本を乗っ取る人間は、この3つを行って完全排除すべきだ

平和という建前で思考停止になってしまう日本人


特定アジアの親玉である中国が、日本に向けて激しい超限戦を仕掛けているのは日本人も知るようになっている。

集団的自衛権反対デモもまた、その超限戦の最先端であることも知られるようになった。

中国は、日本共産党や民主党や朝日新聞に「集団的自衛権をつぶせ」と号令をかけて、各組織・各議員がその命令通りに動いているのである。

本当に「世界の平和」を願っているのであれば、軍事費を増大させて周辺国とことごとく対立している中国に対して「戦争反対」と叫ぶはずだ。

つまり、日本でデモをするのであれば中国大使館に向けて「中国は日本の憲法九条を取り入れろ。軍を解散しろ」と言うのが正しい姿だ。

ところが、この平和を愛するはずのデモ隊は、中国に対してはまったく無言を貫いている。なぜか。もちろん、彼らは本当の意味で「世界の平和」を望んでいないからだ。

「平和」という建前を叫んで日本に武力を持たせず、日本を弱体化したまま侵略するという中国の超限戦の手先となっているだけなのだ。

「平和」という言葉は武装解除させるワナなのである。(「戦争反対」「平和」という言葉は、武装放棄させるワナだ

こうした手口は、どんどん知られるようになっているのだが、建前をそのまま信じてしまうウブな日本人も多い。

だから、日本人は今でも「人類みな兄弟」だとか「世界平和」だとか「戦争反対」とか言われると、それを言っている人間の素性と裏の意図もよく確かめずに、思考停止してしまう。

危険分子を雇いたいと思わないのは当たり前だ


特定アジアと呼ばれる三カ国、中国・韓国・北朝鮮は「反日教育」と称して、日本人を差別・侮蔑する教育を、国家を挙げて国民に施している。

そのため彼らは子供の頃から日本を憎み、日本を弱体化させるために、できることは何でもする。

工作員を大量に潜り込ませて機密情報を盗んだり、組織を乗っ取ったり、世論を歪めたり、破壊工作をしたりする。日本人の政治やビジネスマンにハニートラップを仕掛けてスパイさせるようなことも普通にする。

集団的自衛権反対デモは、それが目に見える形で表側に浮上しているわけであり、ここに関わっている人間たちは、みんな潜在的に見れば日本の危険分子であると言える。

ごく普通の経営者であれば、そんな危険分子を雇いたいと思わないのは当たり前のことである。

危険分子は、社内でも工作活動をするかもしれないし、特定アジアに機密情報を売り飛ばすかもしれない。不必要に特定アジアの取引に誘導されるかもしれない。

あるいは、彼らを雇うことで対外的にも信用をなくすかもしれない。

そんなことにならないかもしれないが、なる可能性もあるのなら、予防のために「彼らを雇わない」というのは、当然の経営判断だ。

日本もまた今後は身元調査、思想調査、内部調査が厳格になっていくことになるし、逆に日本はそれをすることによって工作員を弾くことが可能になる。

今後、グローバル化が加速する中で、社員は「コスト扱い」になっていく。企業はただでさえ「雇う」よりも「雇わない」選択をするようになる。

ごく普通の人でさえも就職が厳しくなっていくのに、特定アジアの手先となった人間たちが、すんなりと就職できると思う方がどうかしている。

就職どころか、日本で生きていけるかどうかも危うくなっていくに違いない。



ごく普通の人でさえも就職が厳しくなっていくのに、特定アジアの手先となった人間たちが、すんなりと就職できると思う方がどうかしている。就職どころか、日本で生きていけるかどうかも危うくなっていくに違いない。

お願い

ダークネスTIGAの本文の全文転載は、いかなる理由があってもお断りします。
本文の舞台、参考になる写真がありましたら、提供いただければ嬉しく思います。感想やご意見も、お待ちしております。趣旨に合うものについては、積極的に反映していきたいと考えております。(メールはこちら