期間限定・数量限定キャンペーン

2015-07-11

スパイが発覚したら、一刻も早く処刑することが重要になる


どこの国でも「他国のスパイ」や「国を裏切る者」は処刑の対象になる。これは、当然のことだ。

ひとりのスパイ、ひとりの裏切り者を放置しておくと、その組織や国の機密情報が相手に筒抜けになって、存続の危機に陥るからである。

こうした危険人物が国の中に潜り込んでいると、国の重要な組織や国民の情報がすべて相手に渡って、やることなすことがすべて相手に読まれる。

そのために「スパイ」「裏切り者」が発覚したら、絶対にしなければならないのは、一刻も早い処刑なのである。処刑できないまま生かしていると、「対処が甘い」と判断されて次々と別のスパイが送り込まれ、裏切り者が続出する。

いかにスパイを手早く見付けることができるか。
いかに裏切り者を手早く処刑することができるか。

自分たちの組織、自分たちの国家に対して、明確に敵対姿勢を剥き出しにしてくる国が存在するとき、いよいよこの「スパイ炙り出し」「スパイ処刑」が重要になっていく。


スパイを潜り込ませるのは、最重要ミッション


敵が明確にあって、その敵がスパイを放って来ているとき、「私はスパイです」と自己紹介して潜り込んで来る人間など、ひとりもいない。

これらのスパイは必ず組織に潜り込む中で、善良な人間に「なりすまし」を行う。さらに身分も詐称してカメレオンのように色を変えてしまう。

そして、その組織内に裏切り者を量産して、最後に組織全体を自壊させてしまう。

スパイが組織に潜り込む過程では、「偽名を使う」こともあれば、身分の乗っ取り、すなわち「背乗り(はいのり)」をすることもある。

侵略や戦争が起きている場合、そこではスポーツのようにフェアな戦いがなされることはほとんどない。

戦う前から相手の組織の攪乱のために陰湿な情報戦が行われ、攪乱・内部破壊・機密情報へのアクセス、反乱の煽動が次々と行われていく。

破壊工作を実現化するため、スパイを相手の組織に潜り込ませるのは最重要ミッションなのである。

明確な敵が存在する国家には、必ず内部工作員が潜り込んで破壊工作を進めてくる。

こうした工作の方法がどのように行われるのかは、スイスの民間防衛でも簡単に触れられている。(日本政府も、日本版の『民間防衛』を早急に出版すべきだ

侵略国は、「プロパガンダ工作を行い、スパイを潜り込ませ、破壊工作を計画し、テロを引き起こす」とそこには明確に書かれている。



スパイは必ず組織に潜り込んでくる。善良な人間になりすまし、身分を詐称してカメレオンのように色を変えてしまう。だから、戦場でもスパイの処刑は非常に重要な仕事である。

「偽名」と「なりすまし」と「背乗り」


侵略国がいかに内部攪乱で相手国を破壊するのかというのは、すでに体系化されている。政治、教育、報道、広告、経営、芸能、文学、映画、音楽、宗教、法曹、地方自治体の、あらゆる分野にスパイは入り込む。

深く入り込まれたら、もうその組織は自国にありながらも、他国の司令塔になる。

だからこそ、スパイが発覚したら、一刻も早く処刑することが重要になる。

侵略国からやってくるスパイは、自分がスパイであることを徹底的に隠して、いかにも信頼できるような身分・態度・肩書きを持って現れる。

スパイは、実生活で「偽名」を使う。
スパイは、実生活で「なりすまし」をする。
スパイは、実生活で「背乗り」をする。

だから、隣国と激しい戦闘状態にある国であればあるほど、この3つ、「偽名」と「なりすまし」と「背乗り」には、神経質なまでに注意を払っている。

自分の身の回りで、「偽名」で生活しているような人間がいたら、それは信用できない存在の最たる者だ。

まして外国人が、こちらの国の名前を名乗って生活していたら、それはスパイだと思われても仕方がない。それは国籍を偽っていることであり、典型的な「なりすまし」である。

実際、スパイというのは、あたかもその国の人間になりすましてから、侵略者の意向に沿った工作活動を行っていく。これは、工作活動の中では非常にありふれた手口である。

ありふれているということは、そうやって「なりすまし」をしている人間が山ほどいるということに他ならない。

裏切り者の死は、凄惨であることが多い


「偽名」や「なりすまし」がすぐにバレると困ると考えている諸外国の工作員は、その国の誰かの戸籍を乗っ取って、人間を入れ替えるようなこともする。

これを「背乗り(はいのり)」という。

他人の戸籍を乗っ取り、他人になりすます。ある日、人間が入れ替わっている。その人の人生そのものが乗っ取られる。国家が、敵対する相手国でそれをするケースもある。

どこの国でも、こうして「相手国の国民」にすり替わって生きている危険極まりないスパイが存在する。

そして、このような工作員は、国と国が対立したときには必ず現れる。だからこそスパイ防止法が重要であり、どこの国でもスパイは処刑の対象となる。

スパイが放置されたままであると、国や組織の中枢が乗っ取られ、組織全体が機能しなくなる。

スパイがスパイであることが分かった時、処刑できる体制になっていなければならないのだ。

こうした原則が忘れられた国であればあるほど、戦争する前に自壊してしまうことになる。

だから、相手国と激しい対立を抱えている国の多くでは、スパイは問答無用に処刑されることになっている。そして、しばしばそれは公開処刑にされる。

スパイは裏切り者を作り出すので、その裏切り者に対する見せしめにもなるからだ。

国と国が対立し、衝突が激しくなり、決定的な敵対関係となると、その処刑の方法も苛烈になっていく。裏切り者の死は、凄惨であることが多い。そして、国を裏切った人間は、同情されることすらもない。



スパイが放置されたままであると、中枢が乗っ取られ、組織が機能しなくなる。スパイがスパイであることが分かった時、処刑できる体制になっていなければ組織が自壊する。


お願い

ダークネスの本文を他サイト(キュレーションメディア、まとめサイト、個人サイトすべて)へ転載する行為は、いかなる理由があっても固くお断りします。