期間限定・数量限定キャンペーン

2015-06-08

サムスン・ソウル病院が震源地という事実をマスコミが隠す


韓国でマーズ(MARS)が沈静化するどころかどんどん拡大しているのは、病院名を隠蔽していたからであると言われている。韓国国民は情報を与えられていなかったのだ。

なぜ、それを隠したのか。今なお感染患者を大量に生み出しているのが、韓国最高の総合病院だと言われる「サムスン・ソウル病院」だったからだと言われている。

この病院はサムスンの名が冠してあり、サムスンは韓国では絶対だ。「名門」病院がマーズを拡大感染させているというのを、韓国の政府もマスコミも隠したかったのだ。

しかし、それが仇となって、韓国のマーズ患者はどんどん拡大していった。

サムスン・ソウル病院は患者をマーズと認識できずに、そのまま大部屋に寝かせて感染を致命的なまでに広げた。名門が聞いて呆れる。

2015年6月8日の時点では、この病院から34名の感染者が出たことが判明している。まだ増えると言われている。これは、大失態と言ってもいい。


隠しきれなくなってから、病院名が発表された


結局、爆発的に二次感染者、三次感染者が増え、もはや隠しきれなくなって「サムスン・ソウル病院」の名前が明かされることになった。

しかし、これだけ感染したら「もう今さら」である。

マーズ汚染された病院が24ヶ所増えて、発表してもサムスン・ソウル病院が目立たなくなったことで発表したのではないかとも言われている。

韓国国民はこの政府や行政の対応を罵倒しており、「サムスン病院を守ろうとして、これまでの情報を閉ざしていたのか」と嘆く。

国民が何人死のうが、韓国全土にマーズが広がって大混乱しようが、それよりも「サムスン」の名前を守ることの方が重要だと関係者は思ったのだろう。

ちなみに日本のマスコミも、「サムスン・ソウル病院」を隠しているし、この病院で患者、医療スタッフ含め900人近くが隔離措置が必要になったことを報道しない。

サムスンという名前を出すのが、そんなに嫌なのだろうか。

どうしても報道しなければならないときは「三星ソウル病院」などと誤魔化して出すのかもしれない。

サムスンは漢字で「三星」と書き、これはもちろん日本の「三菱」のパクリだったことはよく知られている。

三菱と三星では、確かに発音はよく似ているが漢字が全然違うのでパクリにならないのではないかとも言われる。しかし、サムスンは別に日本人に対してなりすましをアピールしたいのではなく、欧米に向かってなりすましていたのだ。

この三菱と三星を英語名で書けば、ほとんどそっくりであることが見て取れる。さらりと見ると、区別がつかない。

三菱=Mitsubishi
三星=Mitsuboshi

都合の悪いときはサムスンという名前を隠す


こうして、サムスンは三菱をパクって国外で活動し、充分になりすましに成功してから「サムスン」にした。そして、都合が良ければサムスンを使い、都合が悪ければ三星を使って、消費者を惑わそうとするのである。

このサムスンは欧米では日本企業になりすましているが、日本では韓国企業であることがバレていて、いろいろと評判が悪い。それも、そうだ。

製品のコマーシャルでわざわざ日本地図を消すような悪意を見せるのがこのサムスンという会社の体質なのである。(サムスン電子の世界地図では日本列島の存在が消されていた

この会社にはそんな悪意が充満しているので、日本ではサムスン・ブランドで製品が売れない。

すると、今度は新しいスマートフォンを売るのに、サムスンという名前を徹底的に隠すという姑息なことも始めた。(日本だけ名前を隠して製品を売る奇妙なサムスンの企業体質

わざわざ日本だけサムスンの名前を隠して、日本企業になりすまして売ろうとするのである。都合の悪いときはサムスンという名前を隠すというのは、この企業の「体質」であると言ってもいい。

日本のマスコミにはすでに韓国系の工作者が山のように入り込んでいるので、報道される記事の多くは韓国礼賛になってしまっており、韓国のブランドのイメージを失墜させるようなニュースは報じようとしない。

つまり、「サムスン隠し」「サムスン配慮」を行って、起きている問題を報じないか、もしくは仕方なく報じるときも事実をはっきりと報じない。

韓国のみならず、日本でも事実が隠蔽される。マーズの震源地だったのは、「サムスン・ソウル病院」であることは、かくして隠蔽されていたのである。

他にも、いろんなものを隠しているということだ


こうやって、韓国は馬鹿げた情報隠蔽を行って、本来はそれほど感染力が強くないと言われているマーズを、無尽蔵に拡大させている。

何が悪かったのかと言えば、さっさと感染の震源地になっている病院名を発表して、完全隔離措置を取らなかった行政や政府が悪い。そのような判断ができなかった朴槿恵(パク・クネ)も最悪だ。

結果として、2015年6月8日の時点で、マーズ患者は87人に拡大し、死者6人となっている。

韓国がマーズを収束させる能力があるのかどうかは分からない。当たり前の話だが、隣国で感染者の50%が死ぬ悪質な伝染病が広がっているのだから、収束できなければ間違いなく日本にも入り込んでくる。

日本政府は渡航禁止令も入国禁止令も何もしていないのだから、マーズ問題が長引けば長引くほど、日本でも発症が確認される可能性は高まっていく。

そういった意味で、韓国政府は死ぬ気でこのマーズを収束させる責任と義務があるのだが、その政府が頼りないのであれば、日本人は自ら自衛するしかない。

韓国に行くなど、言語道断だ。結局、この問題でも「韓国に関わらない」というのが正しい対処になる。

サムスン・ソウル病院がマーズの震源地という事実をマスコミが隠すということは、他にもいろんなものを隠しているということでもある。「韓国に関わらない」というのは、徹底されなければならない。



サムスン・ソウル病院がマーズの震源地という事実をマスコミが隠すということは、他にもいろんなものを隠しているということでもある。「韓国に関わらない」というのは、徹底されなければならない。

お願い

ダークネスの本文を他サイト(キュレーションメディア、まとめサイト、個人サイトすべて)へ転載する行為は、いかなる理由があっても固くお断りします。