期間限定・数量限定キャンペーン

2015-05-28

多文化共生でめちゃくちゃになったイギリスが政策転換する


「強い国とは、移民をコントロールできる国だ」

イギリスのキャメロン首相が、2015年5月18日のロンドンの演説でそのように述べ、いよいよ移民対策に本腰を入れることを述べている。

イギリスはユーロ圏と共に「多文化共生」を追求してきた国であり、首都ロンドンもインド系、アフリカ系の移民、そして世界各国のイスラム系移民でごった返している。

多文化共生とは、「ひとつの国の中にたくさんの文化があってもいい。それぞれ共生しあって国を発展させよう」というものだった。

ところが、現実は共生などできなかった。多文化がひとつの国の中で互いにいがみ合い、分離し、社会福祉を食いつぶし、互いに相手を罵る社会が出現していたのである。


移民によって、イギリスはボロボロになった


たとえば、イスラム教徒はどこでもイスラム式のライフスタイルを守り、現地の文化に合わせるような思考はなかった。

ブルカをかぶって街を歩き、「ブルカを脱ぐ自由がある」と言われると、「自由など糞食らえ」という抗議デモをブルカの女性が行った。

あるイスラム教徒は、イギリスのレストランに「豚肉を出すな」と強制した。それを咎められると、差別だと叫んで逆切れする始末だった。

アフリカ系の移民も、イギリスにいながら、アフリカにいるように振る舞って、イギリスの社会ルールを守らず、自分たちの好きなように振る舞った。

社会秩序が徐々に壊れていき、白人たちは移民が増えた町を捨てて引っ越していく。

そして、遂にはアフリカ系・アラブ系・アジア系しか住まない町も出現している。たとえば、コベントリー市などはそのような地区として知られている。

こうした地区の多くは貧民地区と化して、建物がスラム化してしまっているという。

橋の下や道路の沿道で勝手にバラック小屋を建てて暮らし始める移民すらも出てきている。勝手に入ってきて、スラムを形成する。警察に撤去させられると、また違う地区で勝手に住む。

移民の一部は生活保護を不正に受給して働こうとしない。福祉を打ち切ると、働く代わりに強盗と化して他人のものを奪う。そのために治安も悪化している。

ドラッグも移民と共に流入しており、さらにはテロリストも移民を装って入ってきている。ISISの殺戮思想にかぶれているイスラム教徒もイギリスには珍しくない。

ISISのスポークスマンで有名になった「ジハーディ・ジョン(モハメド・エムワジ)」もまたロンドンに住んでいたイスラム系の移民だった。

真面目な移民もいるのだが、彼らは逆に異様なまでの低賃金で働くので、今度はイギリスの労働賃金が極限まで切り下がっていくようになっていった。

今後は不法移民の厳罰化を推し進めていく


さらにイギリスでは移民が家族や親戚や友人を呼び寄せて、どんどん増えていく。不法移民・密入国も激増した。学校も自国民よりも移民で占められるようになって教育も変わっていく。

移民によって自国民の労働機会が奪われ、治安の悪化、文化の荒廃、教育の劣化、福祉のただ乗りと、次々と問題が起きて、イギリス人の我慢の限界も頂点に達しているのだ。

イギリスでは先の選挙で「反移民」を訴えるイギリス独立党のような政党が非常に注目を浴びた。

この政党は「イギリスはEUから脱退して、移民と外国人労働者を規制しろ」と叫んでいたので、「極右」だとレッテルを張られた。

にも関わらず、イギリス独立党は保守的なイギリス人からは非常に強く支持された。裏を返せば、それほどイギリス人は移民にうんざりしているのだと言える。

こうした中で、キャメロン首相も「多文化共生」などと理想を掲げておられなくなり、今後は不法移民の厳罰化を推し進めていくことになった。

「不法滞在者に支払われた賃金を、犯罪の産物として没収する権限を警察に与える」

「各銀行にすべての不法滞在者の銀行口座をチェックすることを命じる」

「弁解の機会を与えずに国外退去させ、異論がある場合はその後母国で訴えさせるようにする」

こうした法案が出されるというのは、つまりそれだけ不法移民が爆発的に増えているという事実の裏返しでもある。

実際、イギリス統計局の2015年5月21日の発表で、2014年には31万人もの移民がイギリスになだれ込み、前年比52%の急増となっていたことが判明している。

もちろん、この統計は「不法移民」を含んでいないので、実際はもっと深刻だ。

「多文化主義」は、現実には通用しない理想論


「多文化主義」は、現実には通用しない理想論であり、空想である。「みんな仲良くしましょう」という小学校の子供向けの標語と同じレベルのものであると言える。

価値観の違う民族は、同じ地域に集めてかき混ぜても激しい軋轢を生み出して結局は水と油のように分離する。だから、今まで人種も民族も分離していたのである。

アメリカでも、人種の坩堝と言いながら、実際には人種ごとに住む地域が分かれている。分離政策があったわけではない。自然とそうなっていったのである。

価値観が違っていると、一緒に暮らすことはできないのだ。これは人間社会においてとても重要な事実である。(日本は、価値観を共有しない国とは戦略的に関係を断つべき

価値観が違っていると、それを無理やり一緒にしたところで、衝突が生まれるばかりだ。

移民は社会保障に寄生し、文化を破壊し、治安を悪化させ、国を破壊してしまうことが多い。それが長く続くと激しい憎悪と反目が発生し、社会秩序を崩壊させる。

多文化共生を取り入れたユーロ圏のすべての国が、ことごとく移民のコントロールに失敗している。

ノルウェーでは移民反対の男がたったひとりで爆破テロを引き起こし、フランスでは国民戦線(FN)が急激に台頭し、オランダでもドイツでも、移民反対の大規模デモが起きるようになっている。

グローバル・メディアはほとんど無視して頑なに報じようとしないが、ドイツでは今や普通の人たちが移民に反対して大規模デモを起こしているのである。(移民と多文化主義の強制を前に、普通の人たちが激しい反撥

グローバル・メディアは、移民政策に反対する政党はみんな「極右」、反対する市民はみんな「差別主義者」という烙印を押している。

しかし、そんなレッテルを貼ったところで事態は沈静化しない。それほど移民反対は巨大な動きとなっている。押しつけられた「多文化共生」は世界各国で拒絶されているのだ。

日本にも反日国家である北朝鮮・韓国・中国の3ヶ国から人間がなだれ込んでいるのだから、この流れは日本も対岸の火事ではない。

移民に対する激しい抵抗は、世界中で始まっている。



イギリスのキャメロン首相。今後は不法移民の厳罰化を推し進めていくことになった。理由はシンプルだ。もう、イギリスはこれ以上「多文化共生」に付き合い切れなくなったのだ。

お願い

ダークネスの本文を他サイト(キュレーションメディア、まとめサイト、個人サイトすべて)へ転載する行為は、いかなる理由があっても固くお断りします。