期間限定・数量限定キャンペーン

2015-05-06

日本を乗っ取る人間は、この3つを行って完全排除すべきだ


アメリカでは当然だが、政府機関・公務員に対しては身元調査を行っている。そして、個人のバックグラウンドに従って「レベル分け」されている。

外国人や二重国籍を持った人間はレベルの高い情報にアクセスできないし、母国と頻繁に連絡を取り合っている人間も身元調査によって中枢に入れないようになっている。

スパイが政府機関に入り込んだら情報が筒抜けになる。身元調査を行うのは当然のことである。場合によっては、政府機関や防衛産業には就職できないこともあり得る。

CIAやFBI関連になると、さらに厳しくなって、徹底的なバックグラウンド・チェックが行われる。二重スパイがひとりでも入り込んだらアメリカ全体を危機にさらすことになる。

だから、身元調査や思想調査を行って、それによって場合によっては就職すらできないのは差別にならない。それは国家防衛なのである。アメリカは自由の国と言うが、押さえるところはしっかり押さえて国家運営をしている。


アメリカは、売国者をこの3つで排除している


アメリカがとことん国益を追求できるのは、身元調査や思想調査を行ってスパイを排除できるからである。売国者も、身元調査や思想調査で排除できる。

これを徹底し、スパイや売国者が入り込まないように万全を期しているが、それでも「なりすまし」や「背乗り」をして中枢に潜り込んでくる危険な組織や人間がいる。

だから、アメリカでは「内部調査」も恒常的に行われ、おかしな動きをする人間を調査する。

身元調査=セキュリティ・クリアランス
思想調査=バックグラウンド・チェック
内部調査=インターナル・アフェア

これだけやって、やっとアメリカは内部情報を守り抜き、売国者を炙り出し、スパイを排除し、本当にアメリカを思う人間たちだけを選び抜いて国益に邁進する。

情報を漏洩させるのは人間だ。だから、政府機関の中枢に近づく人間は厳しく選別して国家運営に当たる。

政府機関だけではなく、民間の防衛産業も、身元調査・思想調査・内部調査がきちんと取り込まれていて、邪悪な人間はすべて排除している。

これを差別だと言っていたら、国家機密を守ることは不可能だ。絶対に必要なことなのである。

これに異を唱える人間がいるとすれば、それこそアメリカの根幹を破壊しようとする売国者であると捉えられ、厳しい監視下に置かれることになるだろう。

身元調査をするなというメディアもない。そんなことを主張していたら、翌日には読者に見捨てられて廃刊だ。

隣の同僚がスパイや売国者であっても分からない


アメリカでは、身元調査・思想調査・内部調査が、社会的にもは必要なものであることは認識されており、それに異を唱える人間はいない。

日本はどうなのか……。日本の国会議員、公務員、報道機関、金融機関、教育機関、防衛機関等は、きちんと身元調査・思想調査・内部調査が為されているのだろうか。

政府機関の人間が「本当に日本人」であると政府機関は身元調査を終わらせているのだろうか。たとえば、中国や韓国のスパイが日本人に「なりすまし」をして国会議員になっている可能性はゼロだと言えるだろうか。

あるいは、公安の内部、警察の内部、自衛隊の内部に、スパイや売国者が紛れ込んでいないと言えるだろうか。あるいは、警察官や公務員が情報を外部に売っているような行為を内部調査されているのだろうか。

残念ながら、日本の中枢や政府機関は、スパイやなりすましや売国者がうようよしていて、まったく取り締まりされていない。言わば、無法地帯さながらである。隣の同僚がスパイや売国者であっても分からない。

国会議員に日本人のなりすましが入り込んでいると、日本の政治的判断はすべて外国に筒抜けにされる。報道機関に日本人のなりすましが入り込んでいると、日本の世論はすべてねじ曲げられる。

「そんなことが起きる可能性がある」のではなく、すでにスパイや売国者が潜り込んでいて、日本に大きな悪影響を及ぼしていると考えた方が早い。

民主党の議員の多くは、「日本人になりすましている」とウワサされているし、中には背乗りで日本人名を名乗っているのではないかと疑惑を持たれている人間もいる。

それも1人2人ではないのが恐ろしい。「民主党・背乗り」で検索すれば、あなたも何人かの名前を拾うことができるはずだ。日本は、疑惑があっても野放しだ。身元調査・思想調査・内部調査が為されていないからだ。

また、少なからずの報道機関のトップ、上場企業のトップも、「日本人になりすましている人間」が判断を下しているとも言われている。

工作員を中枢から排除していかなければならない


すでに日本は、中国・韓国から激しい反日工作を受けていることが明白になっている。「日本の敵」が誰なのかを、すべての日本人は認識した。

中国・韓国の人間たちはどんどん日本に入り込み、内部工作を仕掛けている。一部の国会議員、報道機関、民間企業を見ていると、もはや乗っ取られた可能性すらもある。

これを放置しておくのは、日本を内部崩壊させるのも同然だ。

日本のすべての重要組織、日本のすべての上場企業は、アメリカと同じく、厳しい目で人間を選ぶ必要が出てきている。何をすればいいのかは明白だ。

身元調査=セキュリティ・クリアランス
思想調査=バックグラウンド・チェック
内部調査=インターナル・アフェア

アメリカと同じく、この3つを徹底的に行っていくしか方法はないのである。日本はすでに工作員に乗っ取られた組織が大半を占めるので、この3つを取り入れると宣言した瞬間に、工作員がいっせいに蜂起して異を唱えるだろう。

しかし、何としてでもこの3つを取り入れて、工作員を中枢から排除していかなければならない時期に来ている。これは、できて当然のものであり、できないと国家存続に関わる問題となるものだ。

この3つが徹底されることによって、日本の組織は生き返ることができる。逆に言えば、今の日本が売国者で溢れているのは、この3つがきちんと行われていないからである。

日本のすべての組織は、この3つを徹底的に行うべきだ。それができるだけで日本の問題の多くは解決し、日本は最強の国になれる。



身元調査・思想調査・内部調査を徹底的に行うべきだ。それができるだけで日本の問題の多くは解決し、日本は最強の国になれる。

お願い

ダークネスの本文を他サイト(キュレーションメディア、まとめサイト、個人サイトすべて)へ転載する行為は、いかなる理由があっても固くお断りします。