2015-03-07

今ここで日本人が目覚めないと日本はどうなってしまうのか


カリフォルニア州サンノゼ市に、「アイリス・チャン記念公園」が造成されることが決定したという。

このアイリス・チャンというのは、『ザ・レイプ・オブ・南京』という書籍を書いた女性作家だが、ここで彼女は日本軍が南京で約30万人の市民を虐殺したと主張している。

もちろん、南京大虐殺は中国側が捏造した嘘の歴史であると言われており、信憑性はまったくないのだが、日本政府も日本人もまったく反論しなかったばかりか、中国に取り込まれた日本人でさえもそれを追認する人間すらいる。

日本人はこの捏造によって「犯罪民族」という烙印が押されようとしているのだ。

さらに、ここに韓国のこれまた捏造の従軍慰安婦の問題も同時並行で進められている。この捏造によって日本人は「レイプ民族」という烙印が押されてしまっている。

犯罪民族。レイプ民族。中国と韓国が、執拗で強力なまでの国策でそれが進められており、日本と日本人は世界で最も悪質で危険な民族であると思われつつある。


捏造が本当の話だと思い込む人が増えていく


これは、中国と韓国が進めている印象操作なのだが、アジアに関心のないアメリカ人にとってみれば、朝から晩までそうやって叫ばれ続けたら、捏造が本当の話だと思い込む人が増えても不思議ではない。

現に、議員も市民団体も、次々とその捏造の歴史を信じ始めている。そして、彼らもまた一緒になって捏造の歴史に対して日本は謝罪しろ、賠償しろ、反省しろと言うようになっている。

なぜ、アメリカがこういった中国・韓国の捏造を捏造と言わず、むしろ黙認して好き放題にさせているのかというと、アメリカもまた日本軍が悪役だった方が都合がいいからだ。

アメリカは、それが中国・韓国の捏造だと分かっていて、好きにやらせている。むしろ、煽っていると言ってもいい。

何しろ、アメリカは、広島・長崎に原爆を落としている。日本軍が正しいという史実になってしまったら、原爆を落とした自分たちが悪魔になってしまう。だから、日本軍は「絶対的に悪」でなければならないのである。

本来であれば、日本政府も、日本人も、激しく反論し、そして捏造の歴史が押しつけられるのを拒絶すべきである。

ところが、マスコミもまた中国・韓国の工作員にまんまと乗っ取られており、マスコミ自体が日本を貶める中心機関になってしまっている。

分かるだろうか。もう国外でも国内でも、今や自分たちの声を取り上げて日本の国益を守ってくれる組織・団体・人が、ほとんどいなくなってしまっている。私たち日本人は、とても危険な立場にある。孤立無援だ。

このまま突き進むと、日本人は本当に「犯罪民族」「レイプ民族」という烙印を押され、国際社会から排除される。

その先に何が待っているのか想像して欲しい


日本人が全世界から「犯罪民族」という烙印を押されたら、その先に何が待っているのか想像して欲しい。

「日本人の財産なんか奪ってもいい。なぜなら日本人は犯罪民族だったのだから」

「日本人の男は殺してもいい。日本人の女はレイプしてもいい。なぜなら、日本人は犯罪民族だったのだから」

世界の世論の中で醸し出される空気が、このような扱い方になっていくと、日本人は気づいているのだろうか。

現に、2012年の中国で起きた反日デモの最中では、「日本の男を見たら、すぐに殺せ! 日本の女を見たら、すぐに犯せ!」と書かれたスローガンも出された。(「日本の男を殺せ、日本の女を犯せ」と、中国で煽られている

明確に、「殺せ、犯せ」と私たちは罵られていたのである。

日本人とは、私たちのことである。あなたのことである。あなたの家族、あなたの友人、あなたの恋人、みんな「殺せ、犯せ」の対象になっている。

この「反日」を中国と韓国は、世界中に「輸出」しており、そして捏造でも何でも日本人が世界から嫌われ、排除され、そして死んでいくように、着々と誘導しているのである。

それは、中国と韓国の国策だ。中国の江沢民は「日本を永遠に歴史問題で責め立てよ」と号令を出し、韓国の朴槿恵は「日本を1000年恨む」と言った。

この国策として進められている反日戦略の危険性は日本のマスメディアはまったく報道することも、分析することもない。それどころか、一般の日本人がまったく気付かないように、完全隠蔽すらしている。

このままでは、最悪の事態が起きる。本当に日本人は「犯罪民族」の烙印を押されて、「日本の男を見たら、すぐに殺せ! 日本の女を見たら、すぐに犯せ!」が現実になっていく。

臨界点を超えると、どうにもならなくなる


今、私たちは危険な歴史の中に生きている。政治家も、メディアも、官僚組織も、日本企業も、日本の教育界も、日本の宗教界も、何の反撃もしない。

日本人が着々と国際社会で追い詰められている途上にあるというのに、ほとんど何もしていない。

この反日戦略は、まだ始まったばかりであり、まだプロローグであると言ってもいい。本番は「これから」なのだ。

グロテスクな「日本人=犯罪民族=抹殺しろ」という論調がゆっくりと賛同者を得るようになり、これがある臨界点を超えると、もはや日本人が何をどうしようと、まったくどうにもならない状況になる。

本当に日本人は国際社会でワナにかけれられて、抹殺の対象になってしまう。「もっと原爆を落とせ。日本人をひとり残らず抹殺してしまえ」という話になっていく。

今、それほど危険な状況に向かっており、外濠がゆっくりと埋められつつあるのだ。このままでは最悪の未来が到来する。悪夢のような災厄が日本人に降りかかる。

もちろん、そんなことは自分に関係ないと放置するのも自由だ。また、そんなものには興味がないと放置しておくのも自由だ。

しかし、あなたも日本人なら、日本人に対して仕掛けられている国際的な「反日の輸出」について、もっと危機感を持ってもいいはずだ。現在進行形で、それは進んでいる。

このままでは、手遅れになる。日本と日本人の未曾有の災厄が、放置しておくと必ず来るのだから、今ここで「反撃」しないと、大変なことになっていく。

日本人は、いい加減に目を覚まさなければならない。


このままでは、手遅れになる。日本と日本人の未曾有の災厄が、放置しておくと必ず来るのだから、今ここで「反撃」しないと、大変なことになっていく。

お願い

ダークネスTIGAの本文の全文転載は、いかなる理由があってもお断りします。
本文の舞台、参考になる写真がありましたら、提供いただければ嬉しく思います。感想やご意見も、お待ちしております。趣旨に合うものについては、積極的に反映していきたいと考えております。(メールはこちら