期間限定・数量限定キャンペーン

2015-03-02

反日国家と関わらない。それは日本人として当たり前のこと


2015年3月1日、韓国の大統領である朴槿恵(パク・クネ)は、日本に対して上からの目線でこのように述べている。

「日本が勇気を持って率直に歴史的真実を認め、韓国と手を取り未来の50年のパートナーとして新しい歴史を共に記していくことを望む」

従軍慰安婦は、性奴隷ではなく「戦場で売春ビジネスをしていた女性たち」であったことは明白だ。その歴史的真実を認めなければならないのは朴槿恵の方である。

韓国が歴史的真実を自ら歪めているのは、日本人の尊厳を貶め、さらに賠償させ続けることが目的だ。韓国は、日本を恨み、日本人の発言を封じている。その裏には、「恨(はん)」という薄気味悪く気持ちが悪い感情がある。

「日本を貶(おとし)めてやる」
「日本の信頼をめちゃくちゃにしてやる」

そういった悪意と憎悪、すなわち恨(はん)の精神で、まるでストーカーのように日本にまとわりついて世界中で悪口を言って回っているのだ。これが韓国の国策だ。


世界中が韓国のプロパガンダを信じていく


韓国は、国を挙げて日本の信頼を毀損させようとしている。

それは、戦場で売春していた韓国人女性が性奴隷にされていたとか、旭日旗を戦犯旗だとか言い張って、世界中でそれを言い張っているのを見ても分かる。

韓国は、国を挙げて日本を憎悪して、日本を韓国よりも下に格下げさせようとしているのである。ぶれることなく日本を憎み、国際社会においても執拗に日本を叩き、日本の領土を侵し、今も日本人を嘲笑し続けている。

もう誰もが気付いている通り、このまま韓国を放置していると、世界中が韓国のプロパガンダを信じて日本人を差別するようになっていく。

すでにアメリカでは日本人の子供が韓国主導の日本人差別によっていじめられているのだが、これはやがて大人に向かい、あなたにも向かってくる。

「日本人など、いじめても殺して構わない。なぜなら日本人だからだ」と言われ、広められていく。

しかし、日本の政治家やメディアは、民主党議員や朝日新聞を見ても分かる通り、すでに多くが韓国ロビーに汚染されていて、日本人を守るよりも日本人を叩く方向で世論誘導をし続けている。

マスコミを乗っ取るというのは、破壊工作の基本であることは、もう誰もが知っている。日本は無防備国家である。敵国の破壊工作に、なすがままの状態と化している。

その結果、日本のあらゆる層が乗っ取られていて、日本の重要機関が、日本人の私たちを叩きのめす側にある。そういった状況であることを客観的に捉え、その中で私たちはできることをするしかない。

日本人がしなければならないのは、徹底的な拒絶


私たち日本人はどうすればいいのだろうか。誰でもできるのは、「積極的な拒絶」だ。韓国を完全に拒絶し、関わらないようにすべきなのである。

二階俊博という政治家は2015年2月12日に、1400人の関係者を引き連れて韓国に向かっているが、それと真逆のことをしなければならない。

「韓国といっさい関わらない」
「韓国製品をいっさい買わない」
「韓国と関わっている企業に抗議する」

こういった当たり前のことを徹底して行う。できることを徹底してする。例外を作らない。

韓国をごり押しするフジテレビがここ数年で一気に凋落したが、こういった積極的拒絶は有効なのだ。徹底すれば韓国そのものが崩壊するほどのインパクトになる。

単純な話だが、韓国に金を落とせば、その金が「日本人叩き」に回る。なぜ、日本人の悪口を言わせるために、日本人が金を払わなければならないのだろうか。

韓国製品・韓国企業と関わらなければいい。韓国に反日教育や竹島侵略が続いている限り、韓国製品・韓国企業と関わる必要はまったくない。

幸いにして、韓国企業でなければ困るという製品は今のところはない。買わなくてもいいのだから、買わないと決意すべきなのである。

これは、小さいことのように見えるかもしれない。しかし、重要な一歩になる。日本人全員が韓国を拒絶したら、それは非常に大きな力になるからだ。

反日で狂ったようになっている国を崩壊させることにつながるし、韓国に回す金を日本企業に回せば、それだけ日本企業が助かり、最終的に日本人が幸せになれる。

ちなみに、二階俊博という政治家は、日本に江沢民の銅像を建てようとしていた政治家である。信じられなければ、「二階俊博、江沢民の銅像」で検索してみて欲しい。

江沢民は中国に日本人を憎悪させる「反日教育」を取り入れた日本人に最も危険な政治家だった。この男の銅像を日本で建てたいと考えていたのだから、どうかしている。

それは、終わらせなければならない


日本の上層部は、このような人間たちが跳梁跋扈している。マスコミも期待できない。

朝日新聞や毎日新聞を見ても分かる通り、韓国に対して都合の悪い情報は極力報道しないか矮小化させて報道する。あるいは逆切れして、日本がすべて悪いと日本人のせいにしていく。

朝日新聞はそれが裏目に出て2万人以上の日本人に訴えられているが、それでもこの新聞は公称で700万部近くも刷っている。ただの包み紙として使われているのかもしれないが、それでも異様なまでの部数である。

そのような状況だからこそ、個人が自覚を持って「小さな一歩」を踏み出さなければならないのである。

「徹底的に拒絶する」「まわりにも関わらせない」

これは、女性でもできるものだ。日々の買い物は女性がするのだから、むしろ女性の力が重要になってくる。

日本という国を守るために、女性がどこまで意識して動いてくれるかがキーになる。

反日国家とは関わらないというのは、日本人として当たり前のことなのである。この当たり前のことをしないから、日本人は「おかしい」と思われる。

韓国に激しく叩かれ、嘲笑され、竹島でさえ侵略されているというのに、国内ではその韓国を礼賛し、企業は韓国と提携して製品を特別視して売り込む。

そんな馬鹿げた状況を許容するのは間違っている。それは、終わらせなければならないのだ。

その「終わらせる」という具体的な一歩が、韓国に関わらないということ、すなわち「積極的な拒絶」なのである。

こちらを恨み、告げ口外交を繰り広げ、ありとあらゆる工作をして謝罪と賠償を求め、「日本は自分たちよりも下だ」と言ってくる人間と関わって何がいいのだろうか。

日本人なら、誰もそんな人間と関わりたくない。


捏造プロパガンダをどんどん世界中に広める韓国。プラカードの「未来」の「來」に注目して欲しい。これは中国の書き方だ。アメリカの従軍慰安婦像の裏には中国の工作機関も関わっていることが分かっている。反日国家が連携しているのである。

お願い

ダークネスの本文を他サイト(キュレーションメディア、まとめサイト、個人サイトすべて)へ転載する行為は、いかなる理由があっても固くお断りします。