2015-01-26

テロリストの残虐行為に便乗して政権批判をする卑劣な議員


「イスラム国(IS)」は超過激テロリスト集団であり、「イスラム」と自ら名乗っているが、同じイスラム教徒ですら彼らをイスラムと認めていない。彼らの本質は殺人者であり、犯罪者である。

この殺人集団が激しい暴力と虐殺で領土を押さえ、中東を暴力地帯にしている。おおよそ、存在してはならない集団が存在していると言ってもいい。

現代社会で、これほど気が狂った集団が力を持っていること自体が許しがたいことである。

こういった殺人集団による破壊によって、シリアからイラクまでの広大な地域で多くの犠牲者、難民、孤児が生まれており、中には性奴隷にされていく少数民族も存在している。

今、中東では私たちの想像をはるかに超える激しい暴力が吹き荒れているのである。

そんな中で、安倍首相は中東地域に2億ドルの人道支援を行うと発表した。暴力集団の犠牲になった人たちを助けるために、日本は支援を行うと発表したわけであり、この決断を日本人は誇ってもいい。


責めるべきは、殺人集団「イスラム国」である


殺人集団であるイスラム国は、破壊に次ぐ破壊、虐殺に次ぐ虐殺を繰り返し、恐怖を持って地域支配を行っている。

こうした狂気の集団によって被害に遭った人たちを日本が人道支援するというのは、もちろん暴力集団にとっては「よけいなこと」であると映る。

当然、彼らは日本を貶めようと考えるわけであり、その手持ちのカードとして拉致した日本人の人質ふたりを利用した。これは言わば犯罪集団の脅しである。

こうした状況判断が読めていれば、どちらが正しく、どちらに非があるのかは一目瞭然だ。責めるべきは殺人集団「イスラム国」であり日本政府ではない。

国際社会の多くは当然のことながら日本政府を支持している。世界は人質の安全を祈念しつつ、日本政府に毅然とした対応をすることを求めている。

ところが、日本国内で殺人集団「イスラム国」側に立って、日本政府を激しく批判する議員や評論家や市民団体が存在するのである。

人道支援をした日本政府に対して「こんなにも許せないと心の底から思った政権はない」と言ったのは、共産党議員の池内さおり議員だった。

彼女は、このようにインターネットに書き込んでいた(現在は削除している)。

『こんなにも許せないと心の底から思った政権はない。「ゴンゴドウダン」などと、壊れたテープレコーダーの様に繰り返し、国の内外で命を軽んじ続ける安倍政権。安倍政権の存続こそ、言語道断。本当に悲しく、やりきれない夜。眠れない。 』

池内さおりの発言は、テロリスト側に立っている


日本政府が、殺人集団によって生命の危機に追いやられている人たちを人道支援した結果、殺人集団に恫喝されているのだが、それを池内さおり氏は激しく批判している。

人道支援をすると表明した日本政府は、「命を軽んじ続ける」どころか、むしろ多くの命を救おうとしているのだが、この議員はまるっきり現実が見えていない。

また、イスラム国がやっているテロ行為や虐殺や殺人は、誰がどう考えても「言語道断」で許しがたい事実である。殺人集団の存在そのものが言語道断である。

ところが、この池内さおり議員は、テロリストではなく安倍首相の方を「コンゴドウダンなどと、壊れたテープレコーダーの様に繰り返し」とあざける。

言語道断な殺人集団の行為を「言語道断」だと言うのは当たり前で、それをあざけること自体が「言語道断」だ。

ところが池内さおり氏は完全にテロリスト側に立って「安倍政権の存続こそ、言語道断」と言い切る。

分かるだろうか。テロリストを言語道断と言うのではなく、被害者側である日本政府を言語道断であると言うのだ。どう見ても、この議員は完全にテロリスト側に立っていることが分かる。

彼女の言動は、どこか異常であり、危険である。多くの人々が池内さおり氏を指して「議員としての資質が疑われる」とコメントしているが、そう思われても仕方がない。

志位委員長は「彼らがやっていることは残虐非道な蛮行だ。絶対に許すわけにはいかないと強く非難する。日本政府に対しては人命最優先で解放をはかるためにあらゆる手段、あらゆる可能性を追求してほしい」と語っている。

その当然の発言と比較しても、池内さおり氏がいかにおかしな議員であることが分かるはずだ。

犯罪者を批判しないで恫喝された被害者の日本政府を批判するのだから、完全に精神がおかしいか、どこか病んでいるとしか思えない。

この議員のやっていることは、潜在的なテロ行為


池内さおり氏は、テロリストの残虐行為に便乗している。テロリストの残虐行為を利用して、政権崩壊を目論み、日本に混乱をもたらそうとしている。

テロ行為に便乗するのだから、この議員のやっていることは、潜在的なテロ行為も同然である。卑劣だ。

さすがに、その発言の異常性を指摘されて慌てたのか、池内さおり氏は後日この発言を取り消している。しかし、この議員の思想や資質には大きな疑問点がついた。

こんな病んだ人間が日本の議員であるのは、多くの日本国民が「本当に悲しく、やりきれない夜。眠れない」だろう。

「こんな議員の存在こそが言語道断」と池内さおり氏は批判されているが、今後この議員はずっと潜在的テロリストではないかという懐疑の目で見られ続けることになるはずだ。

今回の池内さおり氏の発言は、それほど異常極まりないものであった。

もっとも、頭のおかしな議員は池内さおり氏だけではない。他にも一部の議員が、イスラム国のスポークスマンになったかのように、テロリスト側に立って安倍政権を批判している。

しかし、彼らの多くはイスラム国がいかに残虐で非人間的なグループであるのか、よく分かっていないのだと思われる。

安倍首相が人道支援を中東で発表したことが間違っているとも言われるが、テロリストに遠慮して一国の首相の発言が規制されるとすれば、そちらの方が間違っている。

日本の議員は、どんな考え方や立場があってもいい。しかし、考え方以前に、日本の国益を守ることに命を賭ける人間でなければならないはずだ。

テロリストや反日国家の操り人形のようになって日本の国益を損ねる議員は、その議員自体がテロリストである。



池内さおり共産党議員。安倍首相を憎悪しているのが分かる。

お願い

ダークネスTIGAの本文の全文転載は、いかなる理由があってもお断りします。
本文の舞台、参考になる写真がありましたら、提供いただければ嬉しく思います。感想やご意見も、お待ちしております。趣旨に合うものについては、積極的に反映していきたいと考えております。(メールはこちら