期間限定・数量限定キャンペーン

2014-10-09

日本社会をひっくり返すようなインパクトを持つ闇とは何か


日本にはスパイ防止法がない。だから、当然のことながら日本にはスパイがうようよしており、中には日本人に「なりすまし」をして活動している人間たちもいる。

日本人ではないのに、日本人の顔をして、日本人の名前を持って、日本人を貶めたり、日本企業の機密を盗み取ったりする「なりすまし」のスパイが日本には山ほどいるのである。

また、背乗り(はいのり)と言って、秘かに日本人の戸籍を盗み取るような言語道断の犯罪的な「なりすまし」もある。

背乗り(はいのり)は、日本社会の中では恒常的に行われてきた犯罪であることはよく知られている。スパイは自分の身分を隠蔽する。

国籍を隠蔽し、名前を隠蔽し、何食わぬ顔をして日本人になりすまして活動する。北朝鮮のスパイがこうした背乗りを日常的に行っていたことも知られるようになっている。

今後、「なりすまし」と「背乗り」が日本の大きな問題になっていく可能性が非常に高い。なぜなら、現在、日本で起きている犯罪の多くが「なりすまし」と「背乗り」が基本になっているからである。


「なりすまし」しているスパイが跋扈している


まだまだ日本の裏側で「なりすまし」しているスパイが跋扈していることは知られていない。そもそも、「日本に夥しいスパイがいる」ということですらも知られていない。

あなたの隣にいる同僚も日本人のフリをした外国人スパイの可能性があるのだが、日本人はまったくこのようなことを意識したことがない。

スパイと言えば映画の007のような派手な立ち回りをする人間のような印象が強いかもしれない。あるいは、リヒャルト・ゾルゲのように政財界の中を華麗に泳ぐ人物を思い出すかもしれない。

そういった印象を持っている人は、まさか普通の生活、普通の言動をする「何の変哲もない人」がスパイの本質であるというのは疑いもしない。

しかし、本来のスパイというのは無色透明の存在である。

目立たない方がいい。その国の国民の中に紛れ込んで見えなくなることが望まれており、そんな「普通の人」を演じることによって長く諜報活動を続けることが可能になる。

普段はスパイ活動などまったく行わず、ある時に本国の指示で突如として動き出す「スリーパー」と呼ばれるスパイですらもいる。こういった人物は十数年に渡って「普通の生活」を淡々と続けている。

こういったスパイが日本に「なりすまし」「背乗り」で大量に紛れ込んでいる。

主な国籍で言うと、中国・北朝鮮・韓国の3ヶ国がこの手法を使う。人種が似ているので、いったん日本の戸籍、日本名を名乗られると、見分けが付かないからだ。

「背乗り」という言葉すらも日本社会ではタブー


すでに日本の政界、財界、教育界、宗教界、芸能界、報道界は、その多くが中国・北朝鮮・韓国の謀略で乗っ取られていることはよく知られている。

そのため、この「なりすまし」「背乗り」問題は、大きく報道されることは絶対にない。この問題が暴かれると、自動的に乗っ取りが暴かれることになるのだから、報道界も絶対に大きな問題として扱うことはない。

そもそも、朝日新聞を見ても分かる通り、多くの記者が「なりすまし」の可能性もある。その問題を暴くということは、自分たちの「なりすまし」も問題になるということなのである。

多くの日本人は、この「なりすまし」と「背乗り」の問題が日本社会をひっくり返すようなインパクトを持っていることをまったく知らない。

この問題が表側に浮上したとき、「この人は日本人ではなかったのか」「この人はスパイだったのか」と驚愕の事実が次々に明らかになる。

そうなったとき、日本社会は場合によっては大混乱に陥る可能性すらある。

あの政治家、あの弁護士、あの有名人、すべてが日本人ではなかったということが明るみになる。そして、日本人ではない人間が日本人のフリをして日本の中枢に居座っていたことも明らかになる。

日本人が日本を支配しているのではなく、乗っ取られていたことが白日の下にさらされるのだから、「なりすまし」を大きく扱うというのは、現在の日本の中枢を破壊するほどのインパクトになるのである。

だから、この巨大な闇はずっと隠蔽されたままであり、これからも隠蔽され続けることになるだろう。「背乗り」という言葉すらも日本社会ではタブーなのである。

それは、日本が抱える超巨大な「闇」である


背乗りと言えば、日本を揺るがせている慰安婦問題に火をつけた人物「吉田清治」という人間もまた背乗りだったのではないかという疑念も出てきている。

吉田清治はペンネームで、その本名は吉田雄兎(ゆうと)であると記載されている。

しかし、この吉田雄兎の名前が記載されている門司市立商業学校(当時)の卒業生名簿には「死亡」とあって、この男は「すでに死んだ男」だった。

死んだはずの男がなぜか生きていて、満州国地籍整理局に勤めていたり、中華航空上海支店に勤めていたりしていたことになっている。

しかし、その職場でも吉田雄兎を知っている人間は誰もいなかった。法政大中退とあったが、法政大にも在籍記録がなかった。さらに戦後から1970年まで、この男がどこで何をやっていたのかまったく誰も知らない。

その上、この男は24歳のときに李貞郁(リ・ジョンウク)という20歳の韓国人を「養子」にしているが、24歳の独身の男が、20歳の韓国人をいきなり養子にするという不自然で荒唐無稽なことが実際に行われていた。

しかし、あなたは大手メディアでこの男が「なりすまし」や「背乗り」をした何者かであるという報道を見たことがあるだろうか。背乗り疑惑が濃厚であるのに、絶対にそれは表では明らかにされることがない。

なぜ、大手メディアは「吉田清治」という人間の日本人なりすまし、背乗り疑惑を追及し、問題にしないのか。

言うまでもない。そんなことをして「背乗り」に焦点が当たってしまったら、大変なことになってしまうからだ。背乗りが日本社会で蔓延しているという「闇」が明らかになると、日本社会がひっくり返ってしまう。

だから、「なりすまし」と「背乗り」の問題は、日本社会が決して触れてはならない巨大で深い闇として、今も隠され続けている。

しかし今、この吉田清治がクローズアップされることによって、背乗り問題そのものも表側に浮上しようとしている。日本の抱える大きな闇は、暴かれていくのだろうか?

吉田清治。背乗り疑惑があるが、背乗りは日本社会の巨大な闇である。
この問題は日本社会から注意深く隠蔽され続けてきた。


お願い

ダークネスの本文を他サイト(キュレーションメディア、まとめサイト、個人サイトすべて)へ転載する行為は、いかなる理由があっても固くお断りします。