期間限定・数量限定キャンペーン

2014-10-05

中国が大好きなインチキ評論家に踊らされていたら破産する


(この記事はメルマガにて全文を読むことができます)

中国は不動産バブルが崩壊したら中流階級が一気に没落して、それが大きな政権不満となって爆発する可能性がある。

だから、不動産バブルを支えてきた理財商品を中国政府が陰で買い支えて、バブル崩壊を先延ばし、先延ばしにしてきたのだが、それもいよいよ限界が出てきているようだ。

2014年8月18日、国家統計局は新築住宅価格の7月分のデータを出してきているのだが、そこには主要70都市のうち、64都市が対前月比で下落していることが報告された。

不動産が上がるとき、多くの人々は借金を抱えて不動産を買い、値上げしたら売り飛ばして差額を儲けるサヤ取りを始める。これを「不動産転がし」と言うが、不動産が上昇すればするほど、過大なリスクを負った者が富豪に成り上がる。

しかし、いったん不動産価格が下落に転じると、過大な借金が回せなくなり、一瞬にして「すべてを失う」ことになる。だから、今、中国では不動産で儲けた人間たちが破綻して、自殺に追い込まれたり、夜逃げしたりしているのである。

今、中国では誰もが不動産を売り逃げしたいと考えている。もう、宴が終わったのは、誰もが気づいているからだ。


中国人は、いざとなったら国を捨てる民族だ


中国の統計はいい加減で、中国の株式市場も政府が操作しており、中国の経営者も汚職まみれだ。

経済がうまく回っているときは、そんな実態は覆い隠されているが、経済が引き潮になったら、底がゴミと瓦礫と腐敗物だらけであったことが露呈する。

そんなことは当の中国人ですらも分かっている。それで、中国人はみんな中国を見捨てて逃げている。中国人は、いざとなったら国を支えるのではない。国を捨てるのである。

だから、東南アジアでもやたらと国を見捨てた中国人が溢れている。早い話しが、中国人は国など信用していない。国を支える気概も、責任感もない。

そんな国が、次の時代をリードするような影響力を維持できると思うだろうか。相対的に見れば、まだアメリカや日本の方が、問題を抱えながらも国が維持できる可能性が高い。

つまり、アメリカに深刻な問題がいくつもあるのは事実であっても、その前に中国の命運が尽きる方が先だ。中国はインチキ国家であり、今の体制が続く限り、未来は非常に暗い。

つまり、中国に投資してはいけないし、中国に将来を賭けてもいけない。中華料理は世界最高峰だが、中国共産党は世界最悪なのである。

そういった観点で見ると、中国に日本を売り飛ばそうとした鳩山由紀夫のような売国奴が早々に失脚したのは、日本を延命させる重要な出来事だったといえる。

あのまま鳩山政権が続いていたら、日本はそれこそ国家崩壊に見舞われていただろう。民主党政権が崩壊し、アベノミクスが始まったことで、日本は何とか立ち直った。

ただ、日本には、北朝鮮や中国が大好きなインチキ評論家が山ほどいて、延々と日本を「対中従属」を主張している。彼らの存在はとても危険である。




・・・

(この記事はメルマガにて全文を読むことができます)


この記事はメルマガにて発行され、メルマガにて全文を読むことができます。1週間に1度、日曜日にメルマガでの発行を行っております。

過去の配信は、こちらをご覧下さい。

鈴木傾城の「ダークネス」メルマガ編については、上記の画像をクリック、もしくは、こちらをご覧下さい。発行に至るまでの経緯等についてはこちらに書いております。


お願い

ダークネスの本文を他サイト(キュレーションメディア、まとめサイト、個人サイトすべて)へ転載する行為は、いかなる理由があっても固くお断りします。