期間限定・数量限定キャンペーン

2013-10-26

在日外国人の「通名」は、この5つのルールで問題解決する


最近、在日韓国人の「通名」の問題が大きく報じられるようになっている。

多くの日本人にとって、通名(つうめい)というのは聞き慣れない言葉だと思うが、日本人はもっとこの言葉に敏感になった方が良い。

通名とは、「通称の名前」のことであり、主に外国人が日本で暮らすときに使うものである。日本人は通名で法律的行為を行うことはできない。

しかし、外国人にはそれが認められている。なぜなら、外国人が本名を使うとき、通常はその国の言葉でそれを表すが、タイ語やヒンドゥー語で名前を登記されても日本人は誰も読めないからだ。

たとえば、美し過ぎる首相と言われているタイのインラック・シナワット氏が日本に亡命してきたとする。

そのままタイ語で住民票を出しても99%の日本人はそれが読めないから、「インラック・シナワット」というカタカナで登録してもらう必要がある。それが在日外国人の「通名」となる。


日本政府は外国人が日本名を使うことを認めた


そういった意味で、外国人が通名を使えるようにしなければならないのは当然のことである。

しかし、インラック・シナワットという名前は多くの日本人にとって言い難いし、覚えにくい名前だ。

そこで、彼女が日本に亡命して通名を通して日本で暮らすとき、その名前が発音しにくいから「安田泰子」のような名前にするのはどうだろうか?

それは認めるべきだろうか。実は、日本政府はそれを認めた。なぜか。それは、在日外国人でも日本人になろうと努力したり、日本に馴染もうと考えることもあるからだ。

在日外国人の同化しようとする努力を、日本政府は評価した。これは、日本人特有の優しさから来ていると言ってもいい。

しかし、現在、一部の在日外国人の間で、この通名が問題になっている。一部の在日外国人というのは、在日韓国人のことだ。

彼らの一部は、日本人名の通名を「強制された」と言って謝罪と賠償を求め、日本人名の通名を使わせるのは差別だと言って、また謝罪と賠償を求めている。

では、通名を認めないほうがいいのかというと、差別があるから日本人名の通名をもらわないと生活できないと主張する在日韓国人もいる。

いずれにせよ、在日外国人に日本人名の通名を与えることによって、大きな問題が生じているというのは間違いない。今のシステムでトラブルが生じているのである。

5つのルールをきちんと守れば、何の問題もない


在日外国人に通名を与えるというのであれば、その条件は厳格に、そして例外なく運営されないと、問題はますますこじれるばかりになる。

混乱や差別が生じないように、早急に手を打たなければこれは大問題になっていくだろう。

どうすればいいのかは簡単なことだ。日本人名の通名を外国人に与えることを即刻やめるのが正しい姿だ。そして、以下のようなルールが厳格に決まっていなければならない。

(1)オリジナルに近い名前にすること。
(2)カタカナで表記すること。
(3)変更できないようにすること。
(4)家族で同じ姓にすること。
(5)日本人名を名乗らせないこと。

驚くことに、現在の日本の「通名」は上記の5点を何も満たしていない。

自分の好きな名前で登録できるし、漢字でも登録できるし、飽きたら変更することも可能だし、家族でバラバラの姓を名乗ることもできる。

カタカナで表記しなければならないという部分は分かりにくいかもしれない。それは中国人・韓国人の名前に問題が発生するからだ。

中国人は漢字の名前を持っている。たとえば、現在の国家主席は「習近平」という漢字で表記される。

漢字で書かれると、日本人は「しゅう・きんぺい」と呼んでしまうが、本来は「シー・ジンピン」と呼ばなければならないのだ。しかし、日本人で「習」という字を見て「シー」という発言が浮かぶ人はひとりもいない。

しかし、それが習近平氏を指しているのであれば、「シー」と発言できなければならないのである。そんなことを言われても多くの日本人は困るはずだ。

だから、中国人であっても、日本ではカタカナで「シー・ジンピン」と通名を登録しなければならない。

同じく、漢字名を持つ韓国人もそうだ。オリジナルの読みに近い名前の通名を選択して、それを登録し、一度登録したら原則として変えられないようにしなければならない。

そうしないと混乱が生じるし、事実、現在の通名制度はそれができていないから混乱しているのだ。

それが彼らの名前なのだと「きちんと受け入れる」


在日外国人が、オリジナルの名前を持っているのであれば、そのオリジナルの名前は尊重する。それが、日本人がやらなければならないことである。

外国人によっては、日本語では奇妙な意味になる名前もある。たとえば、フィンランドでは「草原」を意味する言葉は「アホ」という単語になる。

フィンランド人の名前にはこのアホという言葉が付く名前が非常に多いことが知られている。

ベトナムの少数民族の女性にも、「バーカ」という名前の女性がいたり、韓国人の名前にも、「ピ」とか「ペ」とか、おおよそ日本人には想像できない奇妙な名前で溢れている。

インドネシアでは「愛」という単語は「チンタ」と言うが、女性名でも「チンタ」と付く名前が多い。一部の日本人がこれを馬鹿にしているのを聞いたことがあるが、本当に不快極まりないものだった。

いくつかの外国人の名前は、私たち日本人から見ると、唖然とするかもしれない。しかし、外国人の名前というのは、その国の文化や歴史を示している。

本人がその名前に愛着と誇りを持っているのであれば、それを尊重し、それが彼らの名前なのだと「きちんと受け入れる」のがあるべき姿でもある。

約70億人の外国人の名前を、約1億人の日本人が馬鹿にする権限はないのだ。その意識をしっかり踏まえた上で、

(1)オリジナルに近い名前にすること。
(2)カタカナで表記すること。
(3)変更できないようにすること。
(4)家族で同じ姓にすること。
(5)日本人名を名乗らせないこと。

の5つをきちんと厳格に運用していけば、通名に関する問題など、何のトラブルも発生しない。この5つを曖昧にするから、わけの分からない問題が次から次へと発生する。




お願い

ダークネスの本文を他サイト(キュレーションメディア、まとめサイト、個人サイトすべて)へ転載する行為は、いかなる理由があっても固くお断りします。