期間限定・数量限定キャンペーン

2013-08-25

「策略」を使う民族は、相手から、奪い、盗み、真似し、騙す



(この記事はメルマガにて全文を読むことができます)

中国・韓国は自分たちのネットワークを使って、全世界で反日の輸出をしているが、これは国家を挙げて行っているものであり、数百万人以上もの人間がそのために行動している。

彼らはもともと「策略」を尊ぶ民族性がある。孫子や、孔子や、韓非子や、諸葛孔明等、数々の兵法が真贋問わず残されて研究されており、ビジネスや生き方に応用されている。

兵法というのは、早い話が相手を叩きのめす方法であることに気が付かなければならない。兵法は、勝つために「策略」を使うことだ。

では、「策略」とは何なのか。

策略とは、誰もが分かるように言うと「相手をいかに騙すか」の手口なのである。

これらの兵法がビジネスに応用できるというのは、すなわち「相手を騙し討ちして勝つ」というのが、ビジネスで使えるからである。


多くの人がそれに馴染み、研究し、応用して生きている


日本人がビジネスをするときは、信用や・品質や、研究成果や、創意工夫や、独自技術を売ろうとする。

正々堂々と、そして誠心誠意を尽くして、地道にコツコツとビジネスを成長させようとする。これは、王道と言ってもいい。あるべき道だ。

しかし、ビジネスを信用してもらうには時間がかかるし、品質や研究や独自技術が実を結ぶまで我慢と忍耐が必要だ。泥臭く、歩みは遅い。

「策略」を使う民族は、そうではない。相手の持っているものを「奪う」「盗む」「真似する」「騙す」のである。そうやって、他人のものを自分のものにして、さっさとカネだけを儲けて売り逃げする。

まがい物、粗悪品、海賊版、劣化コピー品、偽装品が、中国で溢れるのはなぜか。それは、手っ取り早く盗み、手っ取り早く儲けようと考えている人間で溢れているからだ。

いかに他人から手っ取り早く盗むのか、そのありとあらゆる「策略」の手法が、中国の古書に書かれている。

念のためにもう一度言っておくが、その真贋はどうでもいいし、重要ではない。むしろ、枝葉末節の部位である。

問題は、その策略が使えるかどうかなのである。

孫子や韓非子や諸葛孔明で書かれた策略は「使える」と実証されている。だから、多くの人がそれに馴染み、研究し、応用して生きている。

そして、彼らは日本人が「敵」だと認識したのだから、当然のことながら、ありとあらゆる「策略」が日本に向けて仕掛けられている。その結果、日本が侵食され、日本人が隅に追いやられていこうとしている。


・・・

(この記事はメルマガにて全文を読むことができます)



この記事はメルマガにて発行され、メルマガにて全文を読むことができます。1週間に1度、日曜日にメルマガでの発行を行っております。

過去の配信は、こちらをご覧下さい。

鈴木傾城の「ダークネス」メルマガ編については、上記の画像をクリック、もしくは、こちらをご覧下さい。発行に至るまでの経緯等についてはこちらに書いております。


お願い

ダークネスの本文を他サイト(キュレーションメディア、まとめサイト、個人サイトすべて)へ転載する行為は、いかなる理由があっても固くお断りします。