2012-11-18

世の中を劇的に転換させる「3つのステップ」を起こす方法


(この記事はメルマガにて全文を読むことができます)

世の中が、ある瞬間に劇的に変わるのは誰もが知っている。

重要な出来事が起きると、その瞬間、世の中が一気に今までと違う方向に傾いて、怒濤のごとく既成概念を打ち倒し、一瞬にして変わってしまうのである。

最初は小さな「兆候」が延々と続いている。弱火で社会の底辺で燃えている。

しかし、ある「臨界点」を超えたところで、突如としてそれは燃え広がる。そして、一気に拡散し、爆発する。分かりやすく言うと、こうだ。

(1)小さく燃える。
(2)臨界点に達する。
(3)燃え広がり、爆発する。

たとえば、ある街に「犯罪」が広がるのもこの3つのステップを踏む。ある街に「流行」が広がるのもこの3つのステップを踏む。


「3つのステップ」と「4つの存在」


一見、何でもないことのように思えるが、実はこれは世の中を「変える」ために非常に重要な動きであることが社会学的に理解されている。

実は、この「3つのステップ」を非常によく研究しているのは、研究者でもなく、社会学者でもない。

企業である。

なぜなら、自分の売る「商品」がこの3つのステップを踏んでくれれば、爆発的に売れて大きな利益が転がり込むことになるからだ。

マーケティングの観点からこの3つのステップは、企業としては、非常に重要な、見過ごすことのできない、絶対に知っておかなければならないものなのである。

いかにこの3つのステップを起こすのか、もしその「秘密」を知ることができれば、企業は効率的に商品を売ることが可能になる。もう一度、3つのステップをよく見て欲しい。

(1)小さく燃える。
(2)臨界点に達する。
(3)燃え広がり、爆発する。

どんな企業も、自社製品を(3)に到達させたいと考えているのだが、その方法論が分からなかった。だから、むやみやたらに広告を打っていたのだ。

しかし、(3)に至るには、実は「4つの存在」が必要であることも分かって来た。それを明らかにした研究の総合が、専門的にはネットワーク理論と呼ばれるものである。

ネットワーク理論そのものは別に物を売るための理論でも何でもない。これは、どのようにして世の中が劇的に転換していくのかを研究したものである。科学ではない。社会学である。

企業はどのように「商品が広がるのか」「流行が広がるのか」に着目しているが、実際はそんな狭いものではなく、

・世の中に「犯罪」がどのように広がって行くのか。
・世の中に「暴力」がどのように広がって行くのか。
・世の中に「伝染病」がどのように広がって行くのか。
・世の中に「自殺」がどのように広がって行くのか。
・世の中に「社会運動」がどのように広がって行くのか。

を説明するものなのである。私は、日本という国がどのように「自滅」から「再生」に向かうことができるのか、という観点でこのネットワーク理論に注目している。

日本を再生させよ、という動きが「燃え広がり、爆発する」ためには、何が必要なのか。ネットワーク理論によると、それは次の「4つの存在」であった。


・・・


この記事はメルマガにて発行され、メルマガにて全文を読むことができます。今後、不定期ではありますが、予定では1週間に1度日曜日、メルマガでの発行も行いたいと思います。

鈴木傾城の「ダークネス」メルマガ編については、上記の画像をクリック、もしくは、こちらをご覧下さい。発行に至るまでの経緯等についてはこちらに書いております。


お願い

ダークネスの本文を他サイト(キュレーションメディア、まとめサイト、個人サイトすべて)へ転載する行為は、いかなる理由があっても固くお断りします。