期間限定・数量限定キャンペーン

2012-10-14

極限まで頭脳を使うための食事・サプリメント・ドラッグ19種


(この記事はメルマガにて全文を読むことができます)

以前、記憶力は記憶法云々の前に、そんなものは「金で手に入れている人がたくさんいる」ということを書いた。

アメリカやヨーロッパに行けば、ドラッグストアでスマート・ドラッグを探してみればいい。膨大な種類のスマート・ドラッグが置いてある。

現実を直視すると、すでに欧米では「それが当たり前」になっているのである。

また、オリンピックではドーピングがいつも噂になる。ドーピングとは要するにドラッグで肉体能力を向上させる方法だ。

これが禁止になるのは、ドラッグを取った選手と取っていない選手の差が歴然として現れるからだ。ナチュラルでは勝てないのである。


すでに一般人にも「ドーピング思想」が入っている


それはボディービルダーの人間離れした肉体を間近に見れば一番よく分かる。

極限を競うミスター・オリンピア出場レベルの選手のほとんどはアナボリック・ステロイドを使いこなしているとも言われている。

あまりのドーピングが蔓延しているからオリンピックの競技として採用されないのだと言われたこともあった。

ボディービルは見た目からしてそのドラッグの「効能」が分かりやすい。しかし、ボディービルだけでなく、オリンピックのほとんどの競技にドーピングは常に付きまとっている問題だ。

2012年10月11日のウォール・ストリート・ジャーナルでは、アメリカ人のロードレーサーであるリーバイ・ライプハイマー選手がドーピングをしていたことを告白している。

「プロになって数年すると、わたしは自転車ロードレースを次のようなスポーツとみなすようになっていた。選手が禁止された薬物や手法を使用することを一部のチームマネジャーやドクターが連係して促しているスポーツ」(わたしがドーピングをした理由―自転車ロードレース現役選手の告白

私たちはアスリートではないので、これは何も関係がないと漫然と眺めている人もいるかもしれない。しかし、もうすでに一般人にも「ドーピング思想」が入ってきている。

ご存知のように、一般社会では「頭が良いこと」が望まれている。学生も社会人も記憶力が良いことや、頭をフルに使うことが望まれている。それで、どうなっているのか。

正攻法とは別に、極限まで頭脳を使うための食事・サプリメント・ドラッグをフルに使って「自らの脳をドーピングする人たち」が出て来ている。

極限まで頭脳を使うための食事・サプリメント・ドラッグがある。彼らはこれらを集中的に取って、脳を極限までドーピングしている。

「食事」「サプリメント」「スマート・ドラッグ」という3つのカテゴリーがあるのだが、スマート・ドラッグ以外はすぐそこで手に入るものだ。

ここでは簡単に、「極限まで頭脳を使うための食事・サプリメント・ドラッグ19種」を紹介したい。


・・・


この記事はメルマガにて発行され、メルマガにて全文を読むことができます。今後、不定期ではありますが、予定では1週間に1度日曜日、メルマガでの発行も行いたいと思います。

鈴木傾城の「ダークネス」メルマガ編については、上記の画像をクリック、もしくは、こちらをご覧下さい。発行に至るまでの経緯等についてはこちらに書いております。


お願い

ダークネスの本文を他サイト(キュレーションメディア、まとめサイト、個人サイトすべて)へ転載する行為は、いかなる理由があっても固くお断りします。