2012-09-02

本当に危ない時代になった今、日本人はどうしたらいいのか


(この記事はメルマガにて全文を読むことができます)

中国・韓国が力を持ち始めたここ数年、非常に激しい勢いで日本に恨みと憎悪を表明するようになった。中国・韓国が台頭し、日本が経済衰退する中で起きている事実である。

もちろん、現代を生きる多くの日本人は別に中国にも韓国にも恨みはないのだが、残念ながら反日教育をしているこの2ヶ国は国民の多くが根っから日本人を嫌っており、その感情には妥協がない。

だから、日本の富を徹底的に収奪し、日本人を隷属的な民族にして恨みを果たそうとしている。

究極的にどうなるか分かるだろうか。

このままでは、日本という国は消滅させられ、日本人は日本で奴隷民族にされるということだ。中国と韓国はそれを狙っている。


今後、日本女性の多くは中国人や韓国人の性奴隷に


日本人を皆殺しにするか、自分たちの奴隷にしたいと心から願っており、それを何とか実現しようとしている。

今後、さらに中国・韓国が発展し、日本が衰退していくのだとすれば、今よりもさらに日本の立場は悪くなる。

どんなに日本が平和外交をしても、次から次へと理不尽な要求を突きつけられる。

日本人には「責任を取れ」「賠償しろ」「ひざまずけ」「死ね」と多くの罵倒と脅迫が浴びせられるだろう。

日本人は考えたくないだろうが、今後、日本女性の多くは中国人や韓国人の「性奴隷」にされる。

なぜだか分かるだろうか。

日本人は過去に中韓の女性をレイプしたり従軍慰安婦として性奴隷として扱ってきたと彼らは主張している。

だから、今後は日本人の女性を性奴隷にすることによって贖罪させるという論理が働くのである。

早い話が「復讐」だ。

中国人はどう考えるか。かつて日本軍は中国で女性たちをレイプしたから、その復讐で今度は自分たちが日本女性をレイプしてやると考える。

韓国人はどう考えるか。かつて日本軍は韓国で女性たちを従軍慰安婦として性奴隷にしたから、その復讐で今度は自分たちが日本女性を性奴隷にしてやると考える。

日本軍が中国女性をレイプしたというのは事実かどうか、あるいは従軍慰安婦が性奴隷だったのかが事実かどうかは関係ない。

問題は、彼らがそのように思い込んでいて、そのように教育を受けていて、心の中に激しい復讐心があるということだ。

では、日本人はこれからいったいどうしたらいいのか。


・・・


この記事はメルマガにて発行され、メルマガにて全文を読むことができます。今後、不定期ではありますが、予定では1週間に1度日曜日、メルマガでの発行も行いたいと思います。

鈴木傾城の「ダークネス」メルマガ編については、上記の画像をクリック、もしくは、こちらをご覧下さい。発行に至るまでの経緯等についてはこちらに書いております。


お願い

ダークネスの本文を他サイト(キュレーションメディア、まとめサイト、個人サイトすべて)へ転載する行為は、いかなる理由があっても固くお断りします。